スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久慈の森から六ヶ所村を巡る旅

森風が開校して以来ずっとお世話になっている方の依頼で、久慈ロータリークラブの「紲の森」に招かれる。すでに何年もかけて手を入れてきた里山は、住宅街から入ってすぐとは思えないほどの至便な場所。気持ちのよい栗林の脇には、あずまやもある。わさび田や水場があって、畑や杏の木もたくさん植えられてる。山道を登れば海が見える。
この森の中に板を渡した即席ベンチに座ったみなさんを前に、うららかな午後の陽の降り注ぐ中で、野外講演をさせていただいた。
私も即興で隣でお弁当を食べているスタッフのそうちゃんに、いっしょにやるぞ!ついて来いよ、と目配せして、宮澤賢治の童話「狼森と笊森、盗人森」の場面を大声で森に向かって叫んだ。「ここに畑起こしてもいいかあ」と。四方の山に私の声が吸い込まれてこだまする。そんなところから突然話を始めた。なぜ、里山整備が必要なのかというタイトルで。

この森で、森のようちえんをやればいいなあ、とか、ハンモックカフェがあったらいいよなあ、とかアイデアが幾つも湧いてくる。葛巻町の隣のまちにこんな市民の森が市民の自力で整備されていることを目の当たりにしてその取り組みに感動した。これからもいろいろと協力できたらいいと思いますと話を結んだ。紲の森には今回の災害の慰霊の碑を設けたいという。私も同感だ。森はいのちを育むところなのだから。何かお手伝いできたらうれしいと心から思える場所だった。

久慈から車を飛ばして北上。再処理工場のある青森県六ヶ所村へ。ここを訪問するのは実に17年ぶりのこと。花とハーブの里のある菊川慶子さん(映画六ヶ所村ラブソディーに登場されている方)と初めてお目にかかることができた。松下竜一さんのことや、震災後のことなど、自然エネルギーやカフェのことをぽつぽつとお話を交わせたのはラッキイだった。牛小屋を改装した宿泊所に友人たちと泊まり、みんなで夕食を作る。庭のコンフリーの葉っぱにパン粉をまぶしてフリッターのようにこんがり油で揚げたカツ?は意外にも美味しい。
里のスタッフのご家族と菊川さんもみんなでわいわい夕食。なんだか森風といっしょな感じ。翌日は畑でぎしぎしの根っこ堀りをしてから、しあわせな気持ちで原燃PRセンター見学へ。ここでは見なければ、触れてみなければわからないことが多々あった。ハコモノを変えられる!本を書いた私には衝撃に近いハコモノだった。松田勇作風に言えば、なんじゃこれはという感じ。しゃれやユーモアでくるむこともできない。何でそうなのかを語るのはまた今度(アトミックカフェで、かな)。これは六ヶ所村ツアーをやって、ぜひとも多くの方々に見てもらいたいと思った。行かなければわからないことがあるのだ。
翌日、子どもオープンデーがあるので後ろ髪を引かれながら帰宅。ドライバーを引き受けてくれたそうちゃん、ありがとう。

追記
翌々日、青森市へ。以前から見たかった映画「ミツバチの羽音と地球の回転」を見る。お目にかかったばかりの菊川さんと森風ではお馴染みの武内賢二さんの対談がセットされていたからだ。自然エネルギーを語るお二人の話はとても素敵なものだった。映画も、祝島漁民の身の丈の生活から発せられることばの生命力と国や行政、電力会社の公聴機能を欠いた閉鎖性、スウェーデンのエネルギー自給の取り組みをバランスよく描いた秀作。いつか森と風のがっこうで上映をしようと思う。
スポンサーサイト
関連記事

ショピンがもりおかにやって来る!

みなさん、ショピンのあの歌、ご存じですよね。
ぽぽぽぽーん!おはよう、いただきます。エーシーのCFでおなじみ。
おはよウナギ、が私は好き。

SAKEROCKの田中馨さん、ヒネモスのタカハシペチカサン、野々歩さん、内田武瑠さんの4人組。「ショピンの春のソナタ ツアー」が盛岡で開かれるのです。
6月24日(金)午後8時から開演。場所は九十九草。チケット2千円(ワンドリンクつき)。お問い合わせは、chopiiin.info@gmail.comまで。

森風子ども災害援助基金にチケット代は寄付していただけるという、私たちにとってはありがたくて涙がとまらないお話をいただいています。
私も今回初めてショピンの歌を聴きます。楽しみに、本当に3.11後、久しぶりの夜のもりおかライブに伺わせていただきます。
どうぞよろしく。ぽぽぽぽーん!
関連記事

アトミックカフェの日、当日

夕方、カフェに立ち寄ってくれたご家族は、ご主人が身の回りの放射線量を自ら測定されている方。森風にも一度計測に来ていただいたことがある。県内に在住されていたが子どもさんの体調が芳しくないため、放射能を避けて北海道へ一時疎開される日だったため今回のアトミックカフェには参加できないということだった。それが、わざわざ車で北上する旅の途中で立ち寄ってくれたのだ。
お話しできる時間はわずかだったが、ご家族の抱えている不安はよく伝わってきた。私も子どもが小さかったら、疎開も考えるかもしれないと思うよと伝えた。(だから何も気にしなくて迷わず行けばいいんだよと励ましたかった…) 疎開するのも残るのもそれぞれの家族の選択なのだと思う。
また戻ってくるときまで元気でね、と握手をして別れた。思わず、涙が出そうに私もそのご主人もなった。北海道を目指して取りあえずの荷物を積んで走り去る車を手を振って見送った。

講師の永田先生、到着。私やスタッフも一抹の不安を抱いていたため、さっそく、ご持参いただいた測定器で森風周囲の放射線量を計測してもらった。
結果は、地表から1メートル付近の校庭で0.05μシーベルト。雨水が落ちる建物の屋根下でも0.07μシーベルトだった。これはほぼ盛岡と同じくらいの数値で心配はないとのことだったので、私たちもほっと胸をなで下ろした感じだ。

アトミックカフェその1は、カフェ森風で6時スタート。まだ空が明るいけれど、三々五々、子どもを連れたお母さんや、若い女性、ご夫婦が集まってきた。
県会議員さん、他県からお越し頂いた方、教育委員会の方、保育士さん、NPOスタッフなど多種多様。どちらかといえば女性が多い。それから2時間強、永田先生のお話は映像を交えてノンストップで続いた。国内の食品の放射能基準と海外との比較ではあまりに数値が異なる(日本はあまりに緩い!)ため、思わず参加者からため息が漏れた。原発の構造と放射性物質、チェルノブイリ事故の教訓、放射能がひとに与える影響など、岩手県内の自主測定データも含めて、豊富な情報をよくここまでまとめて伝えていただいたと思う。先生の誠実なお人柄がよく出ていた講義だった。質疑応答も、参加されたお母さんから、学校のプールに入れて大丈夫なのかとか、給食の食材への不安など、いろいろ出された。
やはり、それぞれに地元ではなかなかこういうテーマを口に出しにくい事情を抱えてるようだ。
交流会が終わった夜遅く、車で帰るひとたちを泊まっていくひとたちといっしょに闇の中で見送った。ぼんやり月が滲んだ空が、私には美しく、じゅういちの鳴く声が森から聞こえてきて、幻想的な雰囲気があたりを包んでいた。
残った若者たちと世が更けるのも忘れて、カフェで話をした。こういう感じは、久しぶりという気がする。
こんなに重い未来につながるテーマを、こんな山の中でゆっくり話し合えてよかった。
未来の子どもたちにつながる社会づくりの延長線上で原発を選択できるかどうかを語ろうとすれば、再生エネルギーへのシフトは必然だ。今必要なことは話し合いの場を設け、地域の中で、身の丈の生活の中で私たちが話し合いを始めることなのだと思う。

来月に「アトミックカフェその2」を準備したいと思う。
関連記事

自然エネルギーの番組が25日放映

先日、NHKBS放送のHP動画の取材(世界の自然エネルギーがテーマ)を受けたが、森風初のスカイプで東京と画面を見ながらでのインタビューは何だか不思議な感じ。つい最近まではここは難視聴地域で、映らないテレビ局もあったというのに。ダイアルアップ回線で、ピーヒョロロロとアナログな信号音が鳴っていたのはまだ数ヶ月前のこと。山の奥深くまで光が開通したのはコペルニクス的転回だ!

北東北は梅雨がほとんどなく、蒸すことはない。今の季節は、匂うような鮮やかな新緑に周囲を囲まれていて、暑くも寒くもない最高の季節。カフェをバックにデッキで取材をと思っていたのだが、急な雨で断念。結局、カフェの中で。
近頃、自然エネルギーのこれからをどう考えるかという問いかけを受けることが多い。私は学者でも評論家でもないので、子どもたちといつもやっている自然エネルギーサマースクールで起きたことを想起しながら出来る限り具体的に応えることにしている。大切なことはみんな子どもたちが気づかせてくれているのだと思う。
太陽光パネルを校庭に出しておくと、いつのまにか遊んでいた子どもの誰かがお日様に向けて動かしている場面のことをいつも思う。天体望遠鏡みたいに追尾装置がついていなくても、誰かがいつのまにかお日様が動いたことを感じて修正してくれる、あの選択的、自治的な雰囲気こそが自然エネルギーの特性なのだろう。自然エネルギーはひとを肯定的に、元気にしてくれる。
そこがただ与えられることを待つしかない所与としての電気的生活との違いだ。

私はさておき、興味深い番組テーマなので、BSが見られる人はチエックしてみてほしい。(残念ながら私のところはBS見れないので)
NHK BS1「プロジェクトWISDOM」 国際討論番組
(公式ウェブサイト http://www.nhk.or.jp/wisdom/ )
6月25日夜10時放送。「どこへ向かう 世界のエネルギー政策」(仮)
関連記事

アトミックカフェ2、7月23日に開催!

第2弾の今回は、どうしても福島の状況を直接伝えてもらいたいと思っていたところ、花とハーブの里(青森県六ヶ所村)の菊川さんとソーラーワールドの武内さん(山形県天童市)お二人からこの方がいい!と同時に言われて、よっし!と講師にお願いしたのは、武藤類子さん(福島県三春町)です。
一時、山形へ避難されていましたが、現在は福島に戻られています。
これまで経営されていたカフェは、自然環境抜群の場所で、太陽光パネルでの発電や、クッキングストーブがあったり、なんだか森と風のがっこうと似ているようです。
原発事故のおかげで困難な状況にある中で武藤さんをお呼びすることにためらいもあったのですが、岩手の人々のために今起きていることをどうしても肉声で伝えてほしいと無理を言ってお願いしました。

場所は、閉店後のカフェ森風。誰でも参加できる自由な場ですので、子育て真っ最中のお母さんお父さん、これから家族を持とうという若いひとに今回もぜひ来てほしいです。遠方から来られる方も、エコキャビンに終了後宿泊できるようにするつもり。後日、HPに詳細をアップします。まずは予定に入れてね。
予約も受け付けます!

森風アトミックカフェ その2
「今、福島で起きていること」
期日:7月23日(土)PM6時開演
講師:武藤類子さん(福島県三春町在住)
場所:カフェ森風 
主催:森と風のがっこう
珈琲&資料代 500円

講師プロフィール:
1953年生まれ。版下職人、養護学校教員などを経て、2003年より里山喫茶『燦』を経営。25年の脱原発運動の中でたどり着いたエネルギー自給、野草やドングリの採集生活を提案。3.11震災後閉店。今は茫然としながら今後の生きる道を探している。

※席数に限りがあるため予約を受付けます。メールかFAXで以下までお申し込みください。
森と風のがっこう morikaze0@gmail.com
         fax 0195-66-0646
関連記事

再び、野田村へ

5月以来、久しぶりに野田村へ。
このひと月あまり、原発事故のことが気になって沿岸に行けずにいた。
行ってみると、がれきの山だった野田村の市街地もずいぶん片付いている。炊き出しやボランティア団体の人たちで混雑していた役場前の人の往来も少なくなったようだ。使用できなくなった社協の建物の代わりにプレハブが建ち移動していた。ここでアニメーション上映会でお世話になったKさんにお話を聞く。
少しは落ちついてきましたね、と私が言うと、かえって復旧、復興に向けて仕事は増えているという答えが返ってきた。そうだ。スタッフが増えたわけではないし、ボランティアのニーズも多様化してきている。がれきの撤去も外での力仕事というよりも、被災した家の中の細かい泥を掻き出したりといったものに変わってきているそうだ。被災された方々の心に寄り添いながら、腰を落ち着けて関わり続けていく人材が今必要なのだという。

今回訪問したのは、私の中で暖めてきた提案があったからだ。野田村の子どもたちを森と風のがっこうに夏休みに招待したかったのだ。バス旅行で、のんびり、遊びまくるスクールをやれたらいいなあと思っていた。教育委員会のご担当の方も交えてお話をしたら、ちょうど今朝、吉成さんのところにキャンプ滞在をしたいと来週話に行こうと思っていた矢先だったので、びっくり!した、と喜んでくれた。実現できたら私もうれしい。

児童クラブの先生方の顔を見たくて、ちょっとだけとセンターにお邪魔したら、やっぱりそこにいた子どもたちと遊んでしまった。来週から、おんちゃんと遊ぼう!シリーズをやらせて、と指導員の方にお願いしたら快諾してくれた。
さあ、始めるぞ。
関連記事

おんちゃんと遊ぼう、スタート

昨日、野田村に行ってきた。おんちゃんと遊ぼうシリーズ。その第一回目。この日は28℃と岩手ではまったくの夏日。でも、児童クラブのあるセンターは鉄筋なのでひんやりとしている。
壁には、指導員の方がおんちゃんと遊ぼうの手作りチラシを貼ってもらっていて、花飾りも。
子どもたちはまだ来ていなくて、先生方と雑談しているところにぽつぽつと1年生が入ってくる。どの子も汗を垂らしながら赤い顔して、あつうーいとか言ってるけど、全然元気。お帰り!と言ってるへんなおんちゃんが居るので、ちょっと勝手が違うみたいだ。
すぐにみんな宿題ノートを開いて各自お勉強。みんなえらいねえとちょっぴり茶化していたら、顔見知りの女の子が近づいてきた。
ガムテープにみんなの名前を書いて胸に貼ってもらう。もうここですでにお絵かき風にお花畑を書き入れたり何だかカラフル。いいね。
何となく自然に始めたかったので、おもむろにえほんを読むところからスタート。週末のえほんの森で読んだ「じごくのラーメンや」を開いたら、もうぐんぐん私も子どもも世界に入る。すごいスピード感。すげえ、辛そうな血の池ラーメンだなあ。食べられないよ。なんていろいろ言ってる。みんな地獄好きなんだね、と私。じゃあ、みんなが森と風のがっこうに来たら、血の池ラーメン作って食べようと誘うと、うんとうなずく子たち。(みんな、素直でよろしい!)

それから、もう怒濤の遊びの連続。彼らのこれやろうリクエストにひとつひとつついて行く感じ。私をいろいろ体験させてくれているんだろうなあ。オセロで小3の男の子にボロ負けし、お手玉風の鞠を蹴る室内サッカーでは走り回って私はヘロヘロに。野田の女の子は男の子に負けないくらい元気!だ。
汗だくになり、さあそろそろ帰ろうかなと思ったところに誰かが私が持参したなぞなぞ本(角野栄子さんの)に気づいて、そこからなぞなぞ大会へと延々突入して行くのであった。本を代わりばんこに読みながら遊んでいる。
(今時の小学生ってこんなになぞなぞ好きなんだ。知らんかった)

そんなこんなしてるうちにお迎えがひとり、ふたりとやってきて帰っていく子どもたち。最後に残った子を見送るとあっという間に5時を過ぎた。

子どもたちと遊んで、いい汗かいた日だった。次回はいつ来るの?と帰りがけに聞いてくる子もいて、子どもたちの発する屈託のない好奇心やエネルギーにふれた私も元気になった。指導員の先生方、ありがとう。次は7月に来るからね。こうして私の野田村本拠地デビュー戦は終わったのだった。
やっぱり、子どもと遊ぶのは天職だと思う。子どもたちはそのまんまのむき身で向き合える私にとっては得難い存在だ。
関連記事

第2回えほんの森、顛末記

おんちゃんとえほんの森で今日も遊ぼう!の今年度2回目は、大好きなガラゴの出で立ちで私が登場するところからの始まりデス。
DSCF0419_1.jpg

ガラゴって、かばん売りなんです。いろんなカバンが出てくる魔法の旅行カバンをごろごろ引きずって旅している。スタッフのあやちゃんがこのカバンを再現してくれた!おまけに付け耳まで!
DSCF0422_1.jpg


お山の形をしたプリン、いやいやプリンのようなお山が「うちにかえったガラゴ」にあるので今回はこれを作ってみんなで食べよう。
やまぷりん748_1

今回は、もひとつおまけに「じごくのラーメンや」に出てくる血の池ラーメンもつくっちゃえとさらに大サービス。えんまさまの扮装をしてくれたお母さんたちを見るなり、泣き出す子どもが何人も。
迫真のお面が効き過ぎたか。ぶえんぶえん泣いている(こりゃ今日夜泣きするかも…)。こんなことは実に希です、と宮澤賢治風に呟いている私。
そうか、お面で自分のお母さんかどうかわからなかったからだと気づいて、お面からみんな顔を覗かせてもらった。

ところーが、いざ実食、となってつば釜でぐつぐつしている血の池ラーメン(実はイターリアーンなトメートウ味)を森に持って行ったら、あの泣いた子はどこ?というくらい美味しそうに食べてくれた。そうか、もう忘れたのね。子どもたちの切り替えは早いッス。
プリンも、いざ実食。うまーい。でも、今度は本当にバケツのような大きなプリンを作ろうね。

ここらあたりから、子どもも私たちおとなもなんかいい感じにほぐれてきた。
DSCF0436_1.jpg

雰囲気が流れ出すと、後片付けもみんなで協力できるから不思議。2才3才の小さな子だって折りたたみ椅子をいっちょまえにひとりで運んでる。周りの雰囲気を感じているんだろうな。
それから校庭でひと遊び。かくれんぼに親も子どももスタッフもみんな参加して、何度もやった。いつまでも隠れて出てこないお母さんと子どももいたりして、ちょっぴり不安になったり。(昔、かくれんぼしてて、いまでも誰も見つけに来ないから眠っちゃったことがあったっけ)
DSCF0482_1.jpg

今回も、最後はみんなで遊べてよかったよかった。
DSCF0496_1.jpg

ではまた来月まで、アディオース!
関連記事
プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。