スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米原への旅

米原市のまちづくり講座、ルッチ大学に招かれ講演に出かけた。滋賀県立大の上田先生のコーディネート。「電」流域の生活圏に暮らす「核」家族という鋭いネーミングで琵琶湖流域の抱える問題を提起している研究者でもある(辻信一著「ホーキせよ!」にも彼の文章がある)。
前日、碧いびわ湖(旧滋賀県環境生協)理事長の村上さんが私を車で次々と案内をしてくれた。「どっぽ村」、「ウッディパル余呉」、廃校再利用したフリースクール「ここから」。それぞれに面白かったのだがとりわけ印象的だったのはどっぽ村だ。大工さんと地元の方がいっしょに創った家作りのがっこう。わずか4年の間に、次々と工房や定住家族のお宅を施工し、周囲に広げている。森も製材所もある。技術を習いに家族で移り住んでいる若いファミリーもいて、なにやら賑やか。自然発生的に、新しい村が産まれているという感じだ。予算がつかなければ始められないとか、行政の許可を得なけりゃといったものよりも、もっと自由で強靭な何かを感じる。
地域のNPOやまちづくり団体の最大のネックは、空間作りだ。自分たちでは作れないなあというところで一歩先に踏み出せないという話を全国各地で聞く。でもここでは、迅速に、動き出せるユニットがあるのだ。これに自然エネルギーのユニットがくっつけば鬼に金棒である。パーマカルチャーに詳しければ生活周りのデザインもできる。空間整備を媒介に琵琶湖周辺のNPOや団体をつないでいくことができれば、それはもうかなり活力ある地域になるはず。村上さんとそんな話で盛り上がった。最後に訪問したフリースクールでは、カフェを作りたいという。そんな時、どっぽ村のようなユニットが活躍すればできちゃうよなあと思った。
岩手だって本当は同じなのだけれど。と思うとちょっぴり残念でもある。
翌日は、甲津原交流センターへ。麻心(magokoro)という小さな喫茶スペースで、麻の実入りのシフォンケーキをいただく。大豆あん入のトチ餅が美味。みょうが漬けや梅干し、味噌などの産直加工場を改造したものだが、さりげなく楽しい。動きたくないなあと思わせるものが、商品にもひと(店主の山崎さん)にもあった。

ルッチ大学在校生の方々とお話する時間もなく米原をあとにしたのだけが心残り。すごい熱を感じたからである。私が話すだけでなく、みなさんの熱の在りかを聴きたいと思った。それほどまちづくりに一生懸命になる方々がこんなにいる米原はすごいなあ。お付き合いいただいた生涯学習課の長野女史、西出女子、ありがとう。また行きたいと思わせるところでした。
スポンサーサイト
関連記事

夜の星

フリースクールの彩星学舎(埼玉県さいたま市)と通信制高校のむつみ高校(長野県松本市)が来てからもう三週間近くが経った。今日、彼らからの感想文が郵便で届いた。封を開けると、思い出とともにまだ暑かった季節が甦る。たった四日間だったのに、彼らの居た時間がなつかしく感じる。被災地でのボランティア活動を終えて、彼らが自分を探るように、全身で絞り出すように、朗読(群読)する詩を、今年は夜の森の中で聴くことができた。宮澤賢治さんの詩「目にて云ふ」の断片、「あなたのほうからみたらずいぶんさんたんたるけしきでせうが/わたしから見えるのは/やっぱりきれいな青空と/すきとほった風ばかりです…」が私の耳を離れない。震災の側に居るものとそうでないものの相違は確かにあるような気がする。

帰る前日の夜、森の中で影絵げきじょうをみんなでやったこと。それぞれのキャラクターがあまりに面白かったことが、本人たちの弁で綴られている。日々の生活のなにげない楽しさがよく書かれている。あの夜、森の中で最後に私は震災のことや、この森で子どもたちと白いクリスマスをやった時のことを話した。その時ライトを消した闇の中で空を見上げたら、クリスマスの日と同じような星が強くまたたいていたことを思い出した。ほんとに偶然、そんな星たちが光を放っていたんだよなあ。森と風のがっこうは守られている、と思う。
森から学校の校庭に歩いていると、大きな流れ星が横切って行った。あっ、流れ星!と思わず叫んでしまったけれど、何人の生徒たちがいっしょに見たのだろうか。満天の星が空いっぱいに広がっている。

私は彼らの飾らない、正直なまなざしが好きだ。生きていくことに少しだけ不器用で恥ずかしがりな彼らだからこそ見えるもの、感じることを、私自身の糧とさせてもらいたい。昨年は猛り狂う雨と嵐の中での日々だった。今年は星空とともに終わった。来年の卒業公演にはきっと行くからね、と約束したことも私にはひそかな楽しみである。小林先生、どらえもん、竹田先生、今年もありがとう。
関連記事

中津川へ

米原から名古屋で乗り換えて岐阜県中津川市へ。中津川と言えばフォークジャンボリーというのは私の世代にしかもう分からないだろう。台風が中部地方に接近している。
ネイチャーゲーム全国大会で知り合った原女史からのリクエストで途中下車の旅だ。恵那山麓のあかまんまロッジ泊。下の大きな野外スペースでは若者たちの夜の大パーティが進行中。たくさんの親子連れ、お店屋台もいろいろ。焚火の周りではナイトヨガ。ファイアーダンスも宴の最後を飾ったらしい。
翌朝、ゆったりと朝食を宿のご夫妻とともに。千メートルの山麓で宿を家族と40年切り盛りして来られたとのこと。息子さんは森林文化アカデミーで私の話を以前聞いたと伺って、ここでも不思議なご縁を感じずにはいられない。
中津川市鉱物博物館を見て、現在利用方法を模索中という山荘を原さんと視察。あまりに立派な公共の建物なので思わずいろいろお話を伺う。周囲の博物館や地域などとつながりながら面としての魅力を出す方法はありそうな気がした。
午後、街中のカフェで小さなお話会。アンティークな家具の素敵な雰囲気の中で、森風のことを話させてもらう。ほとんどが子どもに関わる方々だったので、えほんの読み聞かせをしたり、えほんフェスの映像を見てもらったり。落ち着いた中で参加者の方とも語り合う。外は台風の影響でかなりな雨が路面を叩いていた。第1回は無事終了。
夜はますますの風雨強くなり、みな帰宅したのか行きかう人も車も少ない。列車も運休。その中で、第2回目のお話会。原女史の強行突破である(人が集まらなくたってこういう感じは私は好きだ)。今度は地域づくり、Iターンのテーマで話す。吹き荒れる雨風の中、行政関係者も。しかし意外にも台風はさほどひどくはならず、中部地方を通過したらしい。私にとっては台風の中での講演会という印象に残るものとなった。
触媒のように、何かがじわっとつながり始めてくれるといいなあ。
関連記事

オータムスクールの夜に

10月7日。オータムスクール二日目。
今日は朝からずっと森の中で子どもたちと過ごした。
火を焚いて、管理はすべて子どもたちに委ねた。消さないように、火が強くなりすぎないように、自分たちで工夫するのだ。影絵で上演するものがたりを、グループごとに考えてもらう。ひとりひとりミニスクリーンを張ったランタンを枝を組み合わせて作る。あとで自分の作る影絵を入れれば、自分が持って帰った後も遊べるという。今回の講師は小池雅久さん。

遊ぶようにまなび、まなぶように遊ぶ。遊ぶこととまなぶことは本当はいっしょなんだ。と朝から子どもたちの前で強調した。真剣にとことん遊ばないとまなびは見えてこないと伝えたかったからだ。集中と解放。だからめいっぱいでやろうぜ、と。疲れたら、ばたっと夜寝る。そこまで遊べるといいなあ。
私の思惑とは別に(そう、関係なく)、子どもたちは一日中森の中でよく影絵のものがたりを作り、演じた。ときおり、飽きるとよく遊んだ。火いじりして栗を煮て食べる子たちは、もう火に魅入られたかのようにその場を離れない。木の間に張ったネットやブランコにひたすら興じる子も。でもその合間に、ちゃんと影絵を作っている。
その模様を眺めながら、珍しくデジカメ撮影をしていたら、ファインダーから目が離せなくなった。焚火から立ち上る煙と上から時折り差し込む光のストライプに浮かび上がる子どもたちの感じが、刻々と変化していく。神々しいと言うとおおげさに聞こえるかもしれないけど、生き生きと自由な子どもたちの姿が私にはとても新鮮なものに感じたことだけは確かだ。それぞれがそれぞれに生きている!子どもが子どもを生きている。その瞬間に出会えることは喜びだ。
ひとつにはなかなか揃わなかった子どもたちが、本番が近づくにつれて、しだいにいっしょに気持ちが揃いだしていく。夕方から夜の闇があたりをすっかり包んでしまうまでの時間を誰もが全身で感じながら練習は進む。

そして夜。闇の中に子どもたちが自作したミニシアターやキャンドルがまたたく。森全体が明滅する無数の光の点に彩られていた。枝を組み合わせた森のスクリーンで、子どもたちはそれぞれに創作した影絵の物語を聞かせてくれた。森から出てくると満天の星が輝いていた。少し寒いけれど、今夜は美しい夜だ。

ひとりひとりの影絵のキャラクターを説明してほしいと思った。どんな性格なの?特技ってある?とか根掘り葉掘り聞いてみたい。でもそれは明日にしよう。
関連記事

はないちもんめの力

オータムスクール最終日。
昨夜森の中で演じてくれた影絵を題材に、ひとりひとり作った人形を持って全員の前でキャラクターを紹介してもらうことに。どうしても私が聞きたいと思ったからだ。性格と得意技を書き出してもらった。
セクシーねずみを創作した女の子。夢をかなえてくれる妖精のシルエットはととてもかわいくて余韻がある。金庫を作った男の子にも舌を撒いた。鍵があって、蓋が開くところまで実に精巧に出来ていたからだ。

それから劇遊びをやったりして、外に出た。快晴。秋の青空はどこまでも透明だ。森風の校舎も校庭の草も光っている。
ハンカチ落としも盛り上がったが、すさまじいほどのエネルギーに驚かされたのは、はないちもんめだった。小学5年、6年生も多いし、中学生もいるので、えーそんな子供染みたことやんないと言うかと思ったら、すんなりスタート。
波のように繰り返されるリズム。誰が敵から交換要求されるか分からないドキドキ感…。負けーて悔しいはないちもんめ!を語気強く吐き出すように相手にぶつけていく時の開放感、心地よさ。私も負けずにがんがんと子どもたちに言葉をぶつけていく。
おおーっ、女の子が相手側の男の子たちにケリを入れてるぜー!(と言ってもぜんぜん加減してるけど)。いいなあ。こうやって全心全力で遊んだことがなかった子も、いつのまにか叫んでいるじゃないか。私にはそれが一番うれしかった。時間にしてゆうに30分は過ぎている。
腹の中から声を出せと先生に言われたって、出したくないのに出せないよな。でも、今は出したいんだ。きっと。
私にじゃんけんに負けた時に、本当にからだごと全身で悔しがる6年生の男の子も。

遊びはライブだ。その時、その場所、その仲間でなければ成り立たない。
それが成り立ってよかった。最後は草原にみんなで円になって座って、この三日間を振り返り、言葉にした。こうしてオータムスクールは無事終了。嗚呼、楽しかった。誰が? 私がっ!。
関連記事

今週末はえほんの森デス!

数日前から、森風の校庭や周辺にかわいいオブジェサインが設置され始めました。
動物たちが何やらがやがやといろんなところで話をしています。中でも、赤いマフラーをしたうさぎさんはどこにも必ず居て、私たち人間界に住むものに、時に辛辣に、時にユーモアとウイットとともに、人生に必要な言葉を投げかけてくれています。(これがなかなかに含蓄が深くて…教えられることしきり)
森風を開校して以来、ずっとやりたくてやれなかったことに今春から着手してきました。それは、森の育むものがたりの中に同化しながら、新たな日々の森と風のものがたりを編んで行きたいということ。これがやりたかったんだなあ。

今週末、20日、21日は、毎月恒例の「おんちゃんとえほんの森で今日も遊ぼう」のお泊り会バージョンです。まだ席に若干余裕がありますので、お問い合わせください。初めての方もお子様連れで気軽にご参加くださいね。
みなさんと動物たちのオブジェサインを巡回しながらのツアーをやりましょう。森の中での影絵げきじょうも私的にはかなり楽しみです。

IMG_1385.jpg
関連記事

森のファッションショー

今月のえほんの森はお泊り会。ゆっくーり、のんびーり、秋の一夜をみんなで楽しんだ。今回初登場の新装なった「森のアトリエ」でハロウィンパーティをやったり、影絵劇場を室内で演じてみたり。地元葛巻町の小学生たちも参加して、それはそれは楽しい夜だった。
外は寒くても、ロケットストーブの威力は抜群で、中はぬっくぬく。汗かくほどだ。

翌日のメインイベントは、森のファッションショーだ。
ちょっと恥ずかしがるかなと思いつつ、森のこびとにおとなも子どもも扮してみようーと言ったら、みんな待ってました!という感じ。予想外の反応に驚きつつ、製作開始。ひげに凝りまくる子とか。北欧のお姫様という感じのドレスをまとう子。面白メガネをかけておどける3歳の女の子とか。みるみるうちに布を切ったり貼ったりしながら、衣装は完成していく。
アトリエに面したウッドデッキで音楽のボリュームをスイッチオン!
森に向けて伸びた木の回廊をずんずんとスタイリスティックスのミュージックに合わせて踊りながら歩いて行く私。うーん、なんか楽しいぞ。
出てきた子どもたちがもううずうずしてる感じ。ハイタッチ!してモデル交代。何も言わないのにちゃんとターンしてるぞ。どこで覚えたんだろ。

いよいよ本番。客席にもお客さんがちらほら。順番に並んで、ひとりずつミュージックに合わせて木の周りを一周して戻ってくる。お母さんと子どもとふたりでモデルさんのように歩いているシーンは何とも素敵だ。はにかみながら客席前でちゃんとピースサインする女の子も。あれっ、堂々とやってるじゃん。すごいなあ。

「彼女 教科書ひろげてるとき ホットなナンバー 空に溶けてった
AHこんな気持ちAH うまく言えたことがないNAI AI AIー…」
何でここでRCサクセションのナンバーが浮かんでくるのかわからないけれど、私はとても自由な感じがした。口笛を吹きたくなるくらいに。子どもだって、おとなだって、親御さんだって、みんなからだが自然と弾みだすんだ。
明るくて、自由で、何にも縛られない。で、ハチャメチャ。
これこそが森と風のがっこうなんだと思う。あー、楽しかった。もう今日は思い残すことはない。
関連記事

おんちゃん風 雨にも負けず

フェイスブックにも昨日載せたんだけど、北陵中学校の進路講演会で朗読した詩の改定版です。
中学生はどう感じただろうなあ。
算数嫌いな人、手を挙げてーって言ったら、半分近く手を挙げてたなあ。出来る子はいいけど、わからないとほんとに辛い。算数のない国へ行きたいと本気で思ってた。
まんべんなくできないと生きていけない、というのはウソだ。ということはおとなになってわかったのだけど。それよりも、ちょっぴり好きを自分の胸の中に増やすことがあとできっと役に立つ時が来る。ほんと、教科書の端の落書きが得意なだけだっていいんだ。

<おんちゃん風 雨にも負けず>改訂版 吉成信夫

雨にも負けず 風にも負けず
8月のあの夏休み最終日の宿題完全徹夜にも負けぬ
丈夫なからだを持ち
先生の偉そうでがさつな押しつけには
あくまで抵抗する魂を持ち
できることなら南の島で一生、のんびり、ゆっくり、ぼけーっとしていたいと願い

欲はあり 理不尽なことや曲がったことにはおとなげなく怒りわめき そして忘れず
あらゆるマンガを人知れずよく読み
山のはずれの森の廃校にニワトリ70羽と犬2匹とスタッフ4人と妻と住んで
東に算数が嫌いな子あれば、行って算数が追いかけてくるスピードよりもっと速く一生逃げ続ければよいのだと言い
西にいじめている子あれば、いじめより楽しいことを見つけよとさとし
えらそうに説教されることを死ぬほど嫌い
でも子どもやワカモノ、馬鹿者と夜中まで語り続けることを好み

言いだしっぺであることを恐れず、
馬鹿者と呼ばれても夢とユーモアを持ち
よくひとと語り合い
出会った縁をつなぎまくり
苦労も悩みも笑い飛ばしながら楽しさに変えていく
そんな人間に私はなりたい
(きっとなれないかもしれないけど)
関連記事

パーマカルチャー講座のこと

27日はパーマカルチャー講座で、酒匂徹さんと久しぶりにいっしょに森風のこれまでの10年をパーカル的に振り返る貴重な体験をした。
新設した森の動物オブジェを参加者のみなさんと巡回しながら説明をして行くと、いろんなことを思い出した。そういえばひとつひとつに物語があった。バイオガスにも、コンポストトイレにも。

そういえば、森風の開校当初は先も何も見えない中で、常に何かを探しながらお金がなくても知恵を集めりゃ何とかなるさと口笛吹ながらやっていたものだ。当時から、がっこうの循環のデザインを考えるうえで酒匂さんが果たしてくれた役割は本当に大きかった。
「食べられる校庭」を創ろうとしたのは、オーストラリアでの実践が豊富だということを知ったのは、酒匂さんが持参した資料を見たからだ。日本の小中学校との違いはこれだ!と。そうしたら、なんとスクールガーデンづくりの本の翻訳をして出版した方が参加者の中に居て、これまたびっくり。

28日は講座に出たい気持ちを抑えて、ワーカーズコープの全国大会(岩手大学が会場)へ。再生可能エネルギーと仕事おこしの分科会にコメンテーターとして参加するためだ。
ここでも貴重な出会いが幾つもあり、行ってみるもんだと改めて思う。社会のためになることをしようと起業された方々のお話は迫力満点だった。これから未来をひらくための種が最前線にはある。それにしてもよく語り合った二日間だったなあと思う。
関連記事

週末はアトミックカフェで!

5回目の今回は、はるばる名古屋から大沼淳一さん(未来につなげる東海ネット・市民放射線測定センター運営委員)を迎えてお話を伺う。放射能汚染の先の見えない広がりに誰もが怯えていた昨年やりたかった企画だったのだが、予定がうまく合わず、一年後にようやく実現する。彼の話を直接聞ける貴重な機会なので、初めての方にもぜひ来ていただきたい。

堅苦しさゼロ、子どもさん連れOK、みんな素人、というわいわい話せる場なので。
だいたい呼びかけている私自身がずぶの素人、算数、科学オンチな人間です…。

忘却とは忘れ去ることなり…という出だしで始まる小説があったけど、それにしてもこの世の中の忘却ぶりは何なのだろうかと思う。一年過ぎたらみんな忘れたフリ。キノコもぜんぜん食べてるし(ホットスポットあるのに)。
このあたりのことも、最前線で今も放射線測定に関わる大沼さんに科学的知見をもとにした話を聞けることに期待したいと思う。11月3日(土)、お見逃しなく!
関連記事
プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。