スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童館のレジリエンス

こども環境学会大会が東京・東海大学高輪キャンパスを会場に開催された。分科会「子ども環境と制度」を、仙田先生(環境建築家)、汐見先生(白梅学園大)、田嶋さん(元愛知県児童総合センター館長)と私で担当した。その時の感想を少しだけ以下に述べたい。

仙田満先生の報告で、1960年代にご自身が手がけられた子どもの国(横浜市)に始まった日本の大型児童館、児童遊園の歩みを、アメリカのチルドレンズミュージアムの流れや、秋田児童会館へのハンズオン展示の導入などを写真投影しながら語られた。ひとコマひとコマを私は感慨深く拝見した。
いわて子どもの森の元々の構想が使いものにならずこれを抜本的に再構築し直したときはひとりで本当にもがき苦しんだ。七転八倒しながら、新たな大型児童館像を描こうとしたときに唯一私を励ましてくれたのが、仙田先生の子どものための空間づくりへのこれまでの数々の取り組みであったからだ。いわて子どもの森の7年間の実践を通じて私はたくさんのヒントや手応えをもらったことを、私もお話させてもらった。既存のハコモノは変えられるのだと。

最後に先生のプレゼンが「レジリエンス」という言葉で閉められたことが心に残った。青山こどもの城の廃止決定への先生のメッセージだ。家族政策もないままに子どもの文化を簡単にないがしろにしようとする国の児童政策への根本的な批判と私は受け止めた。
レジリエンスとは何か。外部の圧力で崩壊しかかったモノやコトが自ら立ち直る復元力をいうらしい。青山こどもの城廃止問題は今後全国4200館の児童館の存続を含む可能性のある問題だと私は想像し危惧している。厚生労働省も文部科学省も、子どもを育むものの本質に遊びや体験があることを今なお直視してないからだ。
私たち市民はどうか。これまでずっと児童館は空気のように当たり前に地域に存在して来た施設だから、なくなってみないとその存在価値は分かりにくいものなのかもしれない。行政サービス=所与のもの。利用は無料なので、なおさら無くなることがイメージしにくいということもあるだろう。今回のこども環境学会大会でさえもその雰囲気は感じた。大きなダメージを受けるのは、現在と未来世代の子どもたちだ。

だとすれば、こどもの城のこれからを考える時に元通りの復活を望むだけでは何の説得力も持たないだろう。児童健全育成、子育て支援を包含し、新たな多様性を含みながらの子ども環境づくり運動として、子どもの権利を守り、子どもの文化を創り出すこれからの子どもたちのための児童館像を私たちは再構築する必要があるはずだ。

児童福祉、児童心理、環境建築、児童文化、芸術、科学、展示などの研究・実践領域を網羅する学術研究者、子どもと関わる現場実践者、子育てにやさしい先進的な自治体の首長や行政マンを集めたチームが編成できるのはこの学会のユニークな特徴だ。
こども環境学会は自らの存在意義を賭けて、社会に、国に、この像を提示しなければならないのではないかという気がしてならない。
スポンサーサイト
関連記事

カフェは談話室

今日はTV見て来たよ、新聞読んで来たよ、という方が目立つ。少々肌寒い早春という感じだったことが幸いしてか、カフェは暖炉の火で温もりながら談話室状態。児童館や学童クラブの下見に、と来訪された方も。
ゆったりいろんな方とお話ができて私はうれしかったなあ(私以外のスタッフのみなさんご苦労様でした)。とひとりよくしゃべるおんちゃんでした。
小さな文字だけの森風特製手作りえほんを大事にお父さんとお母さんと弾むように夕方の森に入って行った小学生の男の子の後ろ姿がかわいかった。えほんが好きなんだろうな。
(あとからスタッフに聞いたらこのご家族は一時間たっぷり子育ての森を遊んで帰ったらしい。)
明日は子どもの日。どんなひとと出会えるだろうか。
関連記事

7年ぶりの再会

昨日はカフェにお母さんと一緒に女の子が訪ねて来てくれた。女子大生?カメラを肩からさげて黒ずくめのファッション。にこやかに少しはにかみながら以前お世話になりましたという。サマースクールを始めた時の一期生の女の子だった。夜の森で宮沢賢治劇をやった時のあの女神を演じた子だ。街で出会ってももう私にはわからない。おとなになったねえと思わず答えてしまった。
それから校庭の動物オブジェをいっしょに歩いた。にわとりをさばいてみんなで食べたね、とか、お風呂は五右衛門風呂だったね、とかいろいろ思い出して来たみたいで話がはずんだ。あの頃はまだ校舎とカフェ以外何にもなかった。森のキッチンもエコキャビンも。
高校3年生、今は受験で忙しそう。でもよく思い出して来てくれたなあ。私も6年前の記憶が蘇る。始めての10日間のサマースクールは私もスタッフもみんな夢のように楽しい時間だった。よく働き、よく遊び、夜は疲れ果ててよく寝た。そしてよく食べた。子どももおとなもみんないっしょの空気感を共有した。
今年は8年目、10日間のサマースクールを開催する予定。また夢のような時間を創りたい。
関連記事

GW最終日も営業中

雨やみぞれや曇り空の多かった連休も、今日はやっと暖かな日差しも注いで春爛漫という感じ。
今日はスタッフが畑に出ていて耕耘機の音が聞こえています。
やっと春だなー。

昨日も遠方からなつかしい方が来てくれて、暖炉で珈琲片手にしばし歓談。
6日はカフェ森風もGW特別営業中。ランチはスパイシーなグリーンカレーと、タコライスです。
北国でいただく南国風メニューもけっこうオツなもんですよ。
バナナ、まっ茶のシフォンケーキと、ガトーショコラ、プリン、チーズケーキ(NEW)もあります。
すべて自家製、森風のにわとりさんの卵であります。

今日も森に入る子どもたち来るかな。
小さな森風えほんブックを必ず入り口でみんなもらってね。
文字だけのえほんだから、絵は森の中の情景から見つけてほしい。



関連記事

森風自由ラジオのこと

スプリングスクールで子どもたちと創ったラジオ番組のことを、赤旗に寄稿したものがここで見られますよ。
先月掲載されていたのだけど、赤旗の方でHPカら紙面が見られるようになりました。
ほんと、楽しかったなあ。十人十色で、それぞれに面白かった。
4泊5日のドキュメントを読んでみてね。以下。

↓ ↓ ↓

http://www.jcp.or.jp/akahata/web_daily/kakubu_img/ラジオ.jpg

関連記事

えほんの森のこと(親の皆さんへ)

これまでえほんの森に参加してくれた子どもたち&親のみなさんへ

三年前から始めたえほんの森(えほんの森でおんちゃんと遊ぼう!)にこれまで通って来てくれている子どもたち、お父さんお母さん、今年はやらないの?と問い合わせが来ていたのですが、なかなか今年は準備が整わず連絡もしないままでいてゴメンナサイ。
今年は、春からなかなかじっくりとこれまで取り組めなかった原稿書きとか、森の動物オブジェを歩ける散策道を作ったりと、これまでと違う忙しさで春からえほんの森でいくぞーという感じに動けずにいました。

そんな訳で、今年は、夏休みと秋に、えほんの森お泊まり会(1泊2日)というかたちでまたみんなと遊べるときを設けようかと思っています。
だって去年夏と秋にやったお泊まり会がとてもとても楽しかったからねー。もう本当におんちゃんには夢のようだったんだ。
ムーミン風のレシピだけ集めたディナーも素敵だったし、夜の森でみんなで演じた影絵も神秘的で印象に残っています。宝石みたいなきらきらしたスイーツも美味しかったな。あんな時間をまた子どもやおとなと過ごしたいです。
なのでもうちょっと待っててくださいね。6月始め頃には発表できると思うので。
関連記事

本日晴天、ピザ日です!

久しぶりの好天。今日は月に1度の石釜ピザの日。
朝早くにくべた薪がいい感じで燃えています。
ピザはチーズ、生ハムとアスパラ、カルボナーラの三種類。どれもスープとサラダ付きですよ。

森の中を森風ミニブック(言葉だけのえほんデス)を持ってお散歩してみてくださいね。
絵の部分は森の中に情景となって隠れていますので。
どうぶつオブジェたちとか、小さな村とか…見つかるかも。

私も今日はカフェにおります。


関連記事

盛岡公会堂に集まれ!

「森のようちえんカフェ」が5月26日開催だから、あと一週間になった。
私の想いとしては、これまで盛岡で2回やった、いわて凡人サミットの発展継承版と思っていただけたらうれしいです。賢人じゃなくて凡人。フツーの名もなきひと。(あっ、そうか、子どもはフツーはみんな名もなきひとだった)

一年に一度、森風はまるごと盛岡に上京する。昨年はてどらんごでカフェをやらせてもらったなあ。今回はこれまでの流れをふたつのキーワードにのせて紹介してみたい。

ひとつ目は、「子どもを森で育てよう!」というメッセージだ。この3年間、森で子どもたちやお父さんお母さんたちと遊び続けて来たことが、どんなに楽しく、またどんなに気持ちよく、どんなにまなびの多いものであったか。これは来たことのあるひとにしか分からない、ヒミツのことだった。これをちょっぴり公開したいということだ。いや、そんなもったいぶらないでもいいよね。もう私自身が語りたくてしかたがない。子どもたちと遊んでいる写真もみてほしいんだよなーというのが本音。それくらい内容がいっぱいあるんだ。森のこびとを探したこととか、夜の森で影絵をやったこととか…。

ふたつ目は、「今いわてで一番元気なおとなたちと話そう!」ということ。元気とは、一番の馬鹿者揃いということでもある。上下を脱いで、本当に思うことを言い、やってしまうという意味だ。それで会場みんなでさらに元気になろうぜと思うのである。

マクロビ三浦シェフのスープや料理も会場で食べられます。えほんを読んだりもしますよ。お絵描きコーナーやコンサートも。お子様連れでどうぞ。
関連記事

野口整体の日

昨日は月に一度の野口整体の日だった。おかげでからだも心もほぐれていい感じ。沿岸部や仙台、鎌倉、埼玉の方もみえて、参加者がいつになく多く集まってびっくり。みんなで一人一品持ち寄りのおかずでいただく昼食がとても美味しかった。
私たちがレッスンをやっている時に、小さな子どもたちが隙間をとことこ走り回っている雰囲気もどこかのどかでいいなあ。
藤山先生には、毎月東京からお越しいただいて感謝の言葉もない。本当は私たちが東京に行かなければならないのに。ありがたいと言うしかない。
私は、若い頃に、竹内敏晴さんの身体レッスンや野口体操にふれて来たのだが、いま本当にしっくりと無理もせず続けているのがこの野口整体だ。
興味のあるひとは参加して体験してみて、と言うしかない。野口整体ってなに?と聞かれても私にはうまく説明もできないのだ。
先生が、赤ん坊が寝返りをするでしょ。それと同じようなものですと言われたのがきっと一番近い言葉なのかもしれない。

野口整体の開催予定は以下の通り。初めての方歓迎です!(事前にお申し込みの方は前日までにお電話ください)

6月18日、7月18日、8月19日、9月18日。

原稿を一本書き上げて、ほっと一息。満開の桜もやや散り始めている。
一昨日は久慈の知り合いがカフェに来てくれて海女ちゃんロケ話で大盛り上がり。おんちゃん二人でしゃべること、しゃべること。彼は方言指導だけでなくなんと、ドラマにも出演していたことが判明。キョンキョンの離婚届投函した場面の郵便屋さんだった!じぇじぇじぇじぇ。見てたのにわからんかった。
関連記事

公会堂まであと3日

森のようちえんカフェ(盛岡公会堂)開催の準備が進んでいる。
講堂に姿を現した森風紹介ボードは、ぜんぶ女性スタッフみんなの手づくりだ。
私が最近よく言う、「森風は、シャーウッドの森からムーミン谷へ」というメッセージがそのまんま投影されている気がする。
公会堂でのお披露目が楽しみだなあ。多くの子どもたちに、親子連れのみなさんに見てもらいたいです。森風の子どもスクールに来てくれている子どもたちはNEW森風の変貌ぶりにびっくりするかも。

今朝も犬のお散歩で森の散策路を歩いていたら、小さく蛇行する小川も、雨にぬれた新緑の草も朝の光の中で輝いていた。ああ、こんな感じの中にムーミン谷はきっとあるんだろうなと思った。パンケーキとブルーベリーのジャムと珈琲、そしてサラダと森風たまごの朝食。森風にはミーもいるしね(本当にそっくりなのです)。

26日はカフェ森風は変わらず静かに営業しています。午前中葛巻の森風でカフェして午後盛岡公会堂の森風なんてどうかな?森風三昧の一日になりますよ(運転するお父さんは超ハードだけど…)。
関連記事
プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。