スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもとの再会

今日は、盛岡中央公民館で少年指導員のみなさんの研修会でお話しした。講演直前、ドアの外で、おんちゃーんという女の子の声がかすかに聞こえた。ドアの外に出てみると、かわいい女の子がお父さんのそばでにこり。ああー、白い森のスクールで先月いっしょに遊んだ子だ。小学2年生。元気〜と旧友に出会ったように僕は思わず彼女の肩をゆすってしまった。(これって、ほとんど友達の同等さだよね。)
講演終了後に、コマ(あだ名です)と再度お話しできた。書き初めで「自由」って書いたんだけど、おんちゃんが森に貼り付けに行った時に紙を雪の上に落としちゃったから破れて「不自由」になっちゃったんだよねえ。とその時彼女とかわした言葉を伝えてくれた。(そうか、おんちゃん忘れてたよ)

研修会もみなさん、よく聞いてくれて、本やテキストもたくさん買っていただいた。お父さんとコマと三人で映った記念の画像は大切にしまっとこうと思う。子どもたちがどんなに楽しかったかと思うと素直にうれしい日でした。
スポンサーサイト
関連記事

小さな起業講座のこと

土日の小さな起業講座が終わった。
道に迷う方とか、急な仕事で遅くなる方とかいて、当初想定して僕が準備していたおしごとワークショップは全部カットした。いつか時間があるときにこれはやってみたい。三々五々やってくるこの感じもまたいい。夜には全員集合。
夜の熊谷君(六月の鹿店主)の起業したカフェの話は淡々とした語り口に光るところが幾つもあって、聞いていた僕たちは得をした気分。質問が、次々飛ぶ。
(人数を少なくしてじっくり聞けてよかった)
気がついたら、日付が変わっていた。お酒も飲まず、あっという間に時はゆく。外は満天の星空。
期せずして集まったのはみな、転機に差しかかったひとばかりだった。だから、それぞれの方の言葉の端々に絵空事ではない真剣みを感じた。しごとを選ぶことは、そのひと自身が自分を深く問い、生き直しをすることでもあると思う。
実は僕も大きな転機に差しかかっている。
関連記事
プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。