スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田町のわかき保育園へ

先月に続き、わかき保育園に昨日行ってきた。
前回園長先生にお約束した「えほん専用の木製本棚」と「えほん」をプレゼントするためだ。葛巻はもう初冬の入り口にさしかかったというのに、陸中海岸はまだ秋の紅葉まっさかり。透明感のある秋の青い空とマリンブルーのおだやかな海原をひたすら南下すること3時間。
子どもたちや保育士さんの前でみみずコーチョーの私がえほんを読んだ。それからふたりのあやちゃんとけいこちゃんによる振り付けうたをみんなでやって遊んだ。(この楽しい様子はあやちゃんがブログに写真入りで後日報告する予定なので見てみてください!)
保育園が園舎としてお寺のご厚意で使っている旧タブの木荘は、はるかに海が眺望できる小高い山の上にある。甚大な被害を受けた集落からさらに山を登ったところにあるので、子どもさんの送り迎えも楽ではない。冬になれば道も凍結するかもしれないと心配もある。それでも、私がえほんを通して向き合った子どもたちの目はどの子もどの子もみな輝きに満ちていて、本当にみずみずしい。目がくりくりっと屈託なく見開いている。いい子たちだなあと思った。この子たちとまた会いたい。職員のみなさんとも。
今度はクリスマスツリーを持ってサンタさんといっしょに来るからね、と園長先生と思わず約束してしまった。全国からいただいたえほんもまた持ってこよう。
というわけで310キロの旅は終わったのでした。森風子ども災害援助基金にコンサートの収益を入れてくれたハナレグミさん、ありがとう。保育園通いはまだ続きます。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。