スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16年待った小田原への旅

新しい公共を模索する「小田原地産地消プロジェクト」がいよいよ始動。そのキックオフとなる集いに招かれた。私がお話しする講演会の前日、まだ下車したことのない小田原駅から海岸沿いに少し行くと、そこが片浦地区。みかん畑の間の急な坂を上りきったところが「お山のたいしょう」という素敵なお店。それぞれ籠に摘んだ椎茸を卓上炭火で焼いていただく。眼下には、碧い海原が広がり、みかんの木の間から遥かに三浦半島が見える。プロジェクトメンバーの方々と会食後、片浦中学校(廃校再利用によるプロジェクトの舞台となる)などを視察した。雪景色だった森風とは打って変わってここはまだ秋。ジャケットすら暑くて脱がずにはいられない。
そして夕方。今夜泊めていただく「はじめ塾」の宿泊施設へ。

はじめ塾の存在を知ったのは16年ほど前のこと。宇宙物理学者の佐治晴夫先生が行ってみるといいよと勧めてくれたところ。生活をともにする寄宿制の小規模塾だ。その後、気になりながらずっと行く時を待っていた。
はじめ塾の創始者故和田重正さんの日めくりカレンダーをなぜか別の方から教えてもらってずっと愛用してきた。どんなに辛い時も苦しい時も、不思議とこのカレンダーを毎日めくると元気が湧いた。その日の自分の感情と日めくりの言葉が不思議なほど呼応するのだ。どこかの説教くさい日めくりとはワケが違う。
だから16年間、私は一度も行ったこともないはじめ塾をずっと意識してきたと言えるかもしれない。
それがついに、訪ねて行ける日が来たのだ。私を呼んでくれた方々の中核に、はじめ塾の方々がいたから。重正さんの後を継いだ和田重宏さん(前塾長。子どもと生活文化協会顧問)とお目にかかることができた。山の上の合宿所市間寮に宿泊させていただき、泊まりに来ていた子どもたちやおとなのみなさんともいっしょにご飯をいただき、たくさんお話もした。
その話はかなり長くなりそうなのでまたの機会に。翌日の私の講演+ワールドカフェ(珈琲もクッキイも美味!)の模様も。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。