スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードから戻りました

1月末からの動きを記録メモ風に書いておこうと思う。
八幡平市寺田公民館での教育振興運動研修会は、平日の夜開催。寒い中を父母対象の講演会に呼んでいただいた。それぞれの地区の子どもたちとの活動事例発表を聞けて何かほのぼのする。私の本もよく買っていただいた。奥州市子育て支援センター職員研修では、子育ち、親育ちのすすめと題して講演。翌日は、森と風のがっこうで田老地区(宮古市)のお母さんたちと打ち合わせ。3月11日に現地で私と中学生の子どもたちのワークショップを計画中。なんだか面白いことになりそう。
2日は仙台へ。のびすく仙台で3月の私のワークショップの打ち合わせ。三井物産環境基金主催の交流会は全国各地のNPO、研究者がたくさん参加していて、顔なじみも多い。いつもは東京開催なのだが、災害直後に急ぎ震災支援活動助成にすぐに切り替えた機敏な会社らしく、東北に場所を移しての開催。普段からの人的交流こそがいざというときにつながることは、今回の震災でも実証済みだ。グループテーマ別の分科会はエネルギーのところに参加。
仙台を後に盛岡へ。長距離バス最終便で大船渡市へ。
3日は大船渡市中央公民館主催の乳幼児学級を、三陸町吉浜地区の認定こども園で開催。父母対象に講演。迎えてくれた保育士さんたちの方々の笑顔がうれしかった。以前、お隣の地域を訪問して子育て支援関係者の座談会を私がやった時に参加してくれた方が私を呼んでくれたのだ。よく思い出してくれたものだと思う。吉浜地区は昔の津波災害時の教訓でみな高台に住居移転を果たしていたため家屋被害は免れたところ。
目の前は海。前夜泊まった民宿でおかみさんが言うには、まだぎょせんが圧倒的に少なく、養殖もすぐにはできない状況だという。それでも今日は近所から分けてもらえたと、貴重な早取りわかめをしゃぶしゃぶでいただく。館長さんからも、今年度は例年開催していた主催行事はほとんどできなかったのだというお話を伺う。まだまだ被災地に残した爪痕は大きい。こういう時だからこそ、日常の文化活動や乳幼児学級などの連続講座を復活させたいと語ってくれた。現場に来ないとわからないなあとつくづく思わされる。予算も人員も、子どもと親に関わるものがまだ本当に少ないのだ。

4日は盛岡でこども環境学会主催の震災復興支援シンポに参加。会長の小澤さん、代表の仙田さん(子どもの森の室内遊び場設計をされた方)をはじめ、元祖プレーリーダーで冒険遊び場協会の天野さん、宮城チャイルドラインの小林さん、山形大の佐藤さんなど、知り合いがみなパネリストで登場。とても刺激的な中身だった。
子どもの参画をテーマに、復興のためのまちづくりを考える視点は、本当に同じ問題意識を持つ方々だ。残念ながら周知不足で地元参加者が少ないのが残念無念。
被災地の子ども参画をどう進めるか、ヒント満載。というか聞きながら様々なアイデアが私の脳裏を飛び交ってしかたがなかった。もうこうなったら、やるしかない、か。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。