スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島から仙台へ

福島県桑折町の児童館の先生から昨年末に連絡をいただいた。福島市の少し北に位置する町だ。私が数年前、福島県内の児童厚生員研修に伺った際に参加されていた方から、どうしてもやりたいという熱意溢れるお願いをされた。震災後初の福島訪問。桑折町にはいたるところに桃の果樹園が広がっている。花見といえば桃の花なのだそうだ。それが今では放射能の除染で苦労をされている。

その日は雪模様の中、児童館、学童クラブの先生方に集まっていただき、研修をした。これまでこんな研修をしたことはなかったという感想を聞いた。どういう意味ですかと聞いてみたら、難しくなくて話が具体的だったと返ってきた。そうか、児童館や学童クラブのことを専門に研究している大学の研究者さんとかいないもんなあと納得する。講演後、児童館で毎月出しているお便りや、日誌も見せていただいた。児童館に通う子どもひとりひとりに対する目がしっかりとあって、いい取り組みをしているところだ。
朝一番の強行軍だったけれど、来てよかったと思う。大災害の中で、今も心配事の多い福島の現場で子どもたちと意欲を持って対している児童館や学童のみなさんと出会えたことに感謝したい。今度は森と風のがっこうバス視察を実現したいと笑うHさんの屈託のない表情が忘れられない。

それから雪の中を福島駅前のこむこむへ。ここは子どものために福島市が直営する大型公共施設。以前、ここの開館前にいわて子どもの森で事前研修させてほしいと頼まれ、ボランティアになる方々の研修をしたことを憶えている。私は開館後に来たことはないので、立ち寄ってみた。
がーん!これぞ正真正銘のハコモノ。旧態依然としたこの固い雰囲気は、行政がアタマでこねくり回して考えた子どもの施設だ(断定口調で申し訳ないのだが)。スタッフルームに行って研修の経緯を伝えたら、それはあっさりスル―。関係したのは昔のことでしょ、確かにそうです。今、議会中なので手が離せないのでと目の前で言われて、びっくり。
外で遊べない福島の子どもたちにとって、これだけの広さと駅前の立地は生かさなければならない時なのに。50数億かけて作ったのに。残念。開館時のスタッフはすでにいなかった。

雪の降り続く中を、仙台へ移動。
のびすく仙台訪問。ここは、乳幼児と親御さんのためのスペースとして仙台市が開いた先進的な子育て拠点として知られるところ。中に入り、ほっとする。子どもも親もスタッフさんも、みんなくつろいでいる雰囲気。こむこむとはまるで違う。NPOが指定管理者となっているからなのか、子どもにも保護者にも近い距離感で対応してくれる感じがいい。
夜、父親子育て講演会で、まただーんと長々講演させていただいた。どうも最近、話が長い。止まらない。夜には大雪となる。まるで東京のような明るいイルミネーションが空からひらひらと落ちてくる雪とあいまって、まるでクリスマスのような華やぎ。仙台は都会なんだなあ。翌日は、のびすくで絵本の読み聞かせをしたり、お父さん方とお話をしたり、ゆったりとワークショップをさせていただいた。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。