スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ今番組制作中

スプリングスクールも3日目。今日は朝からずっと葛巻町に出て訪問インタビューをグループに分かれて実施した。マイクロバスからひとグループづつ、落下傘部隊の降下!という感じでバスを降りて目的地へ。今回は小中学生21名とスタッフ13名。街頭で歩いてきたひとを捕まえてのインタビューも。
取材を終えた子どもたちの興奮で帰りのバスはすごい熱気を帯びてきた。頓珍漢な質問にもつきあっていただいた町役場、お店、森林組合、工場長さんなど、みなさんありがとう。

まだ、一ひねりも二ひねりもするだろうが、子どもたちが街中の空気感やひとの間を流れるここらしさを感じ取ったところからスタートできたことだけは間違いない(学校のお勉強のような型通りのものにはならないはず)。今生きていることの本気がそれぞれの子どもの内から溢れ出してくるかどうか。これからが勝負どこだ。今夜は、それぞれに番組の構成とタイムテーブルを巡ってぐいぐいとアイデア出しが始まっている。

私も子どもの森時代に子どもラジオをたくさん作り続けて来たけれど、本当に久しぶり。でも、今回はまったく意を異にする、森風ならではの番組が生まれるかもしれない。
今この山奥で始められているのは、子どもたちが、自分たちの言葉で、自分たちが感じたままに、自由にのびやかに創り出すラジオなのだ。
森風子ども自由ラジオ放送。この名前は、第二次大戦下のフランスでレジスタンスとともに始められた自由ラジオから取った。明日はラジオ放送局のブースと機材を校舎内に設営する。もちろん、オンエアの明かりが点くランプも。ごっこ遊びであってごっこ遊びを超えたものになることをひそかに期待したい。

清志郎のトランジスタラジオのフレーズが私の中でかすかに鳴っている。
「授業をさぼって 陽の当たる場所にいたんだよ 寝転んでたのさ屋上で…」
こんな自由な雰囲気を子どもたちと味わえたらいいなあと思う。


→子ども自由ラジオ本番

→森風子ども自由ラジオはこちら
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。