スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もえほんの森スタート

昨日は快晴、無風、しかもぽっかぽかの一日。今日もおんなじ。前日まで雨が降っていたのが、今年一番のいいお天気に恵まれた。子どもが主役で雨は降らないというジンクスはまたも守られたのでありました。おかげで私は鼻の頭が日焼けして真っ赤だ。
それにしてもよく遊んだものだ。一度に四方から子どもたちが同時に話しかけてくる。弾丸のように。それに応じるスピード感がもうたまらなく楽しい。現役で居られるのは、幸せってなもんだ。ちょっと姿を消そうものなら、おんちゃんはどこー?って声がかかる。
えほんを読んで、ぷるぷる花びらゼリーを作って、白樺の木から滴り落ちる樹液を飲んで、午後は校庭にシートを広げておんちゃんズセレクト100冊を広げた。おとなも子どももひと時ののんびりえほんタイム。
でも、子どもたちにはブランコでジェットコースターをやるのが大人気。うしろから私がガタンガタンガタン、と子どもが乗ったブランコを少しずつ高く引いていくのがたまらないらしい。そして一気に離すのだ。ぐわーんと子どものブランコは放物線を描いて動き出す。
子どもの頃、思い切りブランコを漕げば一回転宙返りが出来ると信じていた。本当にやってみたこともある。頂上付近で落下してグランドに思い切り肩を打ち付けた苦い思い出が甦る。(でもやってみなけりゃわからない、と思うのが子どもだ)
川はあいにく雪解け水で増水していて近づけなかったけれど、来月は森の中で遊び続けることができるだろう。その時こそは、森でお昼寝をみんなでしたいと思う。地面にひく敷物を各自持参して、うとうと眠ろうね。その時読むえほんも密かに私はもう決めている。

今日の森のげきじょうでは、私とこむさん(昨年の森風えほんフェスティバルにも出演)が交互に森の中でえほんを読む二本立て興行。こむさんの読むこびとずかん、最高でした。
ありがとう。えほんの森に初めて参加してくれた子どもたちも、これまで通って来てくれている子どもたちもありがとう。おんちゃんはみんなに会えて本当に楽しかったよ。
遠くから来てくれたお父さん、お母さん、ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。