スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の絵本

昨年秋に出会って以来、読み続けているえほんがある。「森の絵本」。作者は長田弘さん。絵は荒井良二さん。偶然手に取ったら離せなくなった。
大事なものは何ですか?
たいせつなものは何ですか?
何も見えないし、何もかたちはないのに、森のどこか奥深くからか聴こえてくる声。

この間、こども環境学会で志村先生と分科会を受け持ったとき、私たちの間の合言葉は、ゼロスタートという言葉だった。震災後、私はゼロスタートできたのか。私にとってのゼロ地点とはどこを指すのか。
太平洋戦争の敗戦による焼け跡闇市を私はまるで知らないけれど、価値観も空間も教育も何もかもすっかりゼロに戻る虚無と解放感を私の父親世代は体験した。私の父はずっとその時の記憶を売れない小説に書き続けていた。それほどの衝撃だったのだろうということは私も感じていた。
私たちの今立つ位置はそれに匹敵するほどのものだと思うのだが、もやもやとした空気の漂う中でもゼロベースにならないのはなぜだろう。

「森の絵本」の中には、今、ここ森風でやろうとしていること、大切にしてきたこと、がすべて詰まっている。そうそう、これこれという感じだ。1999年に初版がすでに出ているのに、私は今、この時に出会った。震えるほどなつかしく、泣きたいくらいあたたかい、いいえほんだ。頁をめくるたびに私は旅をしているような気持になる(人生は旅のようなものだから)。光が満ちている。風が吹いてくる。そんな感じがする。
昨年12月の子どもウインタースクールでも子どもたちの前で読んだ。そうそう、これこれって思った。GW初日のえほんの森でも読むつもりでバッグの中に入れていたのだけれど時間がなくて読めなかった。カフェ森風の本棚にそっと置いておいたので、ぜひ手に取ってみてほしい。

今夜は講堂にまだ明かりが灯っている。明日からGW後半戦の催しとしてここで始まる、「本とおもちゃのバザー」、「昔懐かしいゲームコーナー」などの準備をスタッフやボランティアの若者たちがしてくれている。さて、どんな会場設営となるのか、私もひそかに楽しみにしている。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。