スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトミックカフェやります(5月12日)

今年のアトミックカフェ第1回は、鎌仲ひとみ監督の最新作映画「内部被ばくを生き抜く」を上映する。今一番大事なテーマなのだと思うのだが、向き合わないままで忘却していたいと思うひとも多いだろう。ちょっと一休みしたい、という感情も私自身ないわけではない。でも、同じような不安を抱える方々といっしょに支えあいながら、しつこく、考え続けることから離れたくないとも思うのだ(ひとりで思い悩むだけでは辛すぎる)。
鎌仲監督、小泉プロデューサーは、森風が開校したばかりの頃に一度ここに来校されている。小水力発電の映画ここで撮ろうかと言ってもらったが、当方のめどが立たず、実現できなかった。岩田カメラマンとも、昔、東京にいた頃に何度もお目にかかっている。

先ほど映画本編を見た。主張を声高に語るのではなく、四人の医師の発言とともに福島で今も暮らす子どもたちと親御さんの放射能と格闘する生活が淡々と描かれている。私はこの抑制された感じに好感を持つ。その場だけのテレビではこうはなかなかいかない。
カフェでお茶を飲みながら映画を観て、ゆったりとみなさんと言葉を交わせたらうれしい。
私も恥ずかしいくらい内部被ばくの知識を持っていない。あるのは漠然とした不安だけだ。
だから、気楽に参加してもらえたらと思う。当日、森風で泊まっていってももらえるようにしたい。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。