スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内さんのこと

竹内敏晴さんが亡くなったことを昔の知り合いからのメールで初めて知った。84歳。最後まで現場でワークショップを続けていたらしい。竹内さんは、戦後、劇演出家として新劇、前衛劇の最前線で活躍した方であり、70年代以降は心とからだの解放を実践的に説き続けたひと。からだの文法がわかっていたひとだ。「ことばが劈かれるとき」(思想の科学社)は今も名著だと思う。

70年代、私は彼の主宰する演劇研究所に在籍していたことがある(私にとって唯一、本当のがっこうと呼べるのはこの研究所だけだ)。
劇を通じてからだに向き合うことは地獄の釜の蓋をあけるようなものだ、といった言葉を一番初めの彼の講義で聴いたことをよく憶えている。私はまだその頃、何も知らない大学生だった。この頃、無意識の底深く、からだに刻んだ記憶は、意外なほど私の奥深いところまで達していて、今も忘れることができない。身体知、とでも言えばよいのだろうか。

演劇とは遠い昔に別れたはずの私が、いま、ここ岩手で、子どもたちの心とからだを解放するための、方法としての遊びとまなびに関わろうとしている。その原点には、間違いなく竹内さんの存在が色濃くある。不真面目な一生徒に過ぎなかった私が言うのもおかしいけれど、心の中で勝手に私は今も不肖の弟子なのだと思っている。凡庸な自分の力では恐れ多いけれど、私は私なりに彼の大切にしていたことを次の世代へつなぎたい。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。