スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田村の図書館

花山青少年自然の家にて自然体験指導者研修のため10年ぶりに宮城県栗原市へ。与えられたテーマは、体験学習法の指導。参加者の多くは体育系の十代の専門学校生。そして大学生。あらかじめ考えていた始まりのセオリーはすべてかっとばして、まずはからだで感じる、自分の言葉で集団を意識するところからに変更。なんかみんな限界って顔しているよね。じゃあ外に出てからだをうごかしてみようかと誘ってみたら歓声が上がった。
最近そんなことが多い。講演でもワークショップでも研修でも、そんな感じだ。参加されるみなさんとの出会いの感じを大事にしていると、どうにも講義から入れる気がしない。どんな思いで参加して来たのか。いま、参加者は何を感じているのか、にしか私が興味がないのかもしれない。知識やノウハウをうやうやしくあらじかじめ存在しているかのごとく受け渡すことなんか無理だ。そうじゃなく、私はこの場で何かと出会い、気づきたいと思うだけだと思う。体験という言葉の深度は、その時だけのそれぞれの中にしかない。

昨日、野田村へ。昨年に続いてこの夏休みに企画している村の子どもたちの招待スクールの企画を役場の担当の方と詰めるためだ。そして9月に森と風のがっこうで開催する「森のえほんフェスティバル」(仮題)に村のえほんサークルの方々に出演を依頼するためだった。被災地でえほんを通して子どもと関わる幾つものサークルと交流する機会を創りたいと思って、昨年から始めた事業である。打ち合わせの後、新たに開館した生涯学習センターのメイン施設である新装なった図書館を見学。津波で以前使っていた図書館が水に浸かってしまったため、担当課やボランティアのみなさんの尽力で開館した図書館だ。中に入るとまだオープンしたばかりの什器の匂い。一般向け図書コーナーの奥に児童書の部屋が作られていた。しばし、えほんサークルの方々と雑談。本格的な運用や催しはまだこれからという。
子どもたちやお母さんたちのために、新たな風をここから村中へと起こしてほしい。本当にそう思う。一歩ずつ、少しづつ、ゆっくりと癒えるように、だ。

この日はなぜかひとと出会ってばかり。10年ぶりとか、5年ぶりとか。でもそんなに時が経った気もしない。同行してくれたチャオちゃんやアッツミー(東京からたまたま来ていた15歳の少年。森風子ども自由ラジオのメンバー)もなんでおんちゃんはそうなの?と驚くばかりのヒット率。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。