スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会議事堂前

IMG_1231.jpg

大学の集中講義を終えて昨夜遅く、東京から森風に戻ってきた。涼しい。ひんやりするくらい。
首相官邸前の金曜日デモに参加した。警備が厳重すぎて、かつ歩道がうなぎの寝床状態で狭くて分断されており、どれだけの人が参加しているのか分からないまま。国会議事堂は見えており、再稼働反対の参加者の声があちらにも届いていることだけは確かだ。労組動員色も感じないし、旗も見えない。若者も多い。デモというより集まることの意思を現わすことに意義を感じているひとが群れとなっている感じ。
代々木公園ではなく、この場所で毎週やり続けるというアイデアは案外いい。この国のヘソのような場所でなければと思う。聖地巡礼みたいに、とにかく毎週行っちゃおうぐらいのノリでもいいから集まることに意味がある気がする。
子どもの頃、父から60年安保の時に国会前デモに夫婦で参加した話を聞いたことがある。どちらもノンポリのフツーの教師だったけれど、この時だけはいかなけりゃ後悔する!と国会前に出かけたそうだ。時代が変わるかもしれないと感じたのはあの時だけだったなあという父親の述懐も聞いた。
それほどの悲壮感は今はない。でも、3,11以降のここまで何も変えられないフリーズドライな状況は、戦後初めてかもしれない。これほど政治と行政のシステムがフツーのひとの日常生活感情と乖離してしまったことはないだろう。

東北でも自然エネルギーへのシフトを加速するためのつながりを呼びかけ始めるときなのかもしれない。楽しみながら、ユーモアと批評精神と明るい自由さを持ちながら、などと考えながら帰宅。
昨日から森風ではワークショップ形式でえほん図書館の本棚づくりがわいわい始まっていて、チェーンソーの音や木の枝を磨くグラインダーの音が森から響いている。なんかほっとする風景だ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。