スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇演出家平田大一氏のこと

 竹内敏晴さん逝去の報に自分としては珍しくショックを受けている。まだ自分の中でじわーっと何か言葉では伝えられないものが蠢いている感じです。自分の限界を感じるなあ。ブログじゃあ無理だ。では、今回は明るい話題をひとつ。

 琉球史劇、現代版組踊「肝高の阿麻和利」のことを知っている方はいるだろうか。
 沖縄で活躍されている劇演出家(南方詩人)平田大一氏の講演を聞いたのは、2年前、沖縄の児童館全国大会の開会式で、だ。まだ30代。伸び盛りの彼の人生を熱く語る話は抱腹絶倒だった。笑いながら泣いてしまう。少々身をもてあまし気味のやんちゃな中高生たちと彼がどのように出会って、この10年走ってきたか。彼をそこまで駆り立てるものの根っこにあるのは、一対一の関係性へのこだわり。私はそこから始める彼の方法論というか生きるスタイルが好きだ。中高生に演劇をいっしょにやろうと行政が企画したって集まるわけがなかった。自らバスの運転手をかってでて、集めて回り、食べ物付き、お楽しみゲーム付きで、劇練習はほんのちょっぴり。でも集まりの最後に、ショータイムで自分がパフォーマンス(やむにやまれぬ状況で必死に考え、必死にもがいて…)。10人に満たなかった子どもたちが半年後には百人を突破。おとなも含めて大きな渦が生まれていく。物語の誕生だ。
 この混沌としたカオスからの始まりの話は何度聞いても本当に共感する。涙がこぼれてしまう。これは必至に支えようという状況に追い込まれた人にしかわからないことなのだと思う。岩手にやって来て東山町で宮澤賢治のミュージアムづくりに取り組んでいた頃のことを思い出した。

 沖縄まで見に行く時間がなくて、それから2年間、スケジュールとにらめっこしていたら、何とこの8月に盛岡で上演するという。何と!いうめぐりあわせ。万難を排して、最終公演に(森風スタッフの先頭に近い席取りのおかげで最高の場所を確保できた)。
 那覇、盛岡での平田氏の講演でも映像を断片的に見ていたのだが、そんなものは遥かに越える講演でした。中高生100名あまり、父母を入れると総勢どれ位だったのだろう。予定調和ではない、観客総立ちのカーテンコールが嵐のように鳴りやまない。手が痛いけれどやめたくない。恥ずかしがりで感情表現を抑制しがちな盛岡市民ととても思えない、温かい拍手が続く。途中で、舞台上の中高生がそれに応えて手を振っている。舞台と観客がともに支える幸せな瞬間だった。どこも予定調和した拍手、アンコールばかりのコンサートや劇に慣れきった私の身体を、清冽な何かが駆け抜けたような気がした。あれから2か月経っても、まだそう思える。そんな体験に出会えてうれしいなあ。
 うまいへたのテクニックなどではなくて、ひとが自分と向き合い、ただ、ただ、からだで感じたままに動き、語る。その純粋さが波のように響きあう。劇を生業とするプロの役者や表現を飯の種にするひとは、果たしてこの舞台をどう感じたのだろう。

 その日は盛岡のホテルに泊って、朝、レストランに行ったら、何と後ろの席で、平田氏がひとりでご飯を食べていたのだ。これは奇遇と、思わず話しかけてしまった。
 子どもに関わるところにいて、彼が10年間続けていることの確かさを思うと、ちょっと悔しい。いい仕事をしているなあ。日本全国見渡してもいないと思う。私も負けずにがんばろうっと。児童館の全国大会が、沖縄の後を受けて、来月、ここ岩手で開催されるのだ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。