スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中津川へ

米原から名古屋で乗り換えて岐阜県中津川市へ。中津川と言えばフォークジャンボリーというのは私の世代にしかもう分からないだろう。台風が中部地方に接近している。
ネイチャーゲーム全国大会で知り合った原女史からのリクエストで途中下車の旅だ。恵那山麓のあかまんまロッジ泊。下の大きな野外スペースでは若者たちの夜の大パーティが進行中。たくさんの親子連れ、お店屋台もいろいろ。焚火の周りではナイトヨガ。ファイアーダンスも宴の最後を飾ったらしい。
翌朝、ゆったりと朝食を宿のご夫妻とともに。千メートルの山麓で宿を家族と40年切り盛りして来られたとのこと。息子さんは森林文化アカデミーで私の話を以前聞いたと伺って、ここでも不思議なご縁を感じずにはいられない。
中津川市鉱物博物館を見て、現在利用方法を模索中という山荘を原さんと視察。あまりに立派な公共の建物なので思わずいろいろお話を伺う。周囲の博物館や地域などとつながりながら面としての魅力を出す方法はありそうな気がした。
午後、街中のカフェで小さなお話会。アンティークな家具の素敵な雰囲気の中で、森風のことを話させてもらう。ほとんどが子どもに関わる方々だったので、えほんの読み聞かせをしたり、えほんフェスの映像を見てもらったり。落ち着いた中で参加者の方とも語り合う。外は台風の影響でかなりな雨が路面を叩いていた。第1回は無事終了。
夜はますますの風雨強くなり、みな帰宅したのか行きかう人も車も少ない。列車も運休。その中で、第2回目のお話会。原女史の強行突破である(人が集まらなくたってこういう感じは私は好きだ)。今度は地域づくり、Iターンのテーマで話す。吹き荒れる雨風の中、行政関係者も。しかし意外にも台風はさほどひどくはならず、中部地方を通過したらしい。私にとっては台風の中での講演会という印象に残るものとなった。
触媒のように、何かがじわっとつながり始めてくれるといいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。