スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知の旅。何でも見てやろう!

森づくりセミナーの講演で初めての高知市入り。つごう4泊したホテルは龍馬の産まれた実家跡のすぐ近く。毎朝、日の昇る前の暗い中を町中散歩すると、じわっと高揚感を憶える。板垣退助、中江兆民に至る自由民権論者の家も近い。
視界180°の超ワイドに海原が広がる桂浜で日の出を見たこと、その前日に龍馬記念館で主任学芸員の前田女史とお目にかかれたこと、そこで坂本家のその後、北海道でのお話を聴けたこともとても印象深い。すくすくの森を整備し、森の幼稚園が日本でブームとなるよりもずっと以前から素晴らしい実践を続けて来た若草幼稚園の岡林元園長さん、そして現園長の堂本さんに子どもたちの様子を聞けたこと、など。木ごころ会の沖野女史とは初めて会ったとは思えない親しみを感じた。今回の長い長い、旅で出会った元気印の女性たちはみな強烈に面白かった。明るく、まっすぐで、力強い。

高知こどもの図書館はNPO立の自主独立の雰囲気がする、いい場所だった。手作り感のあるギャラリーも素敵だ。ここで私の推薦する絵本100選を借りていただき、当日は講演会場の幼稚園に木の積み木とともにコーナー展示。
子ども連れのお母さんや学生さん、保育関係者、NPOの方々など、多様な方々が集まって私の拙い話をよく聴いてくれた。午前中から話して、休憩を挟んでまたお話を加え、結局みなさんもお昼も食べずに延長して都合四時間以上もお話を続けてしまった。こんなに話し込んでよかったのか、今も分からない。それにしても帰る方がほとんどいなかったのは不思議というほかない。

旅の最終日、アンパンマンミュージアムへ行こうとしたら休館日で、その代わりに、絵金蔵(香南市)に立ち寄ってもらった。私はまったく知らなかったのだがこれが秀逸。幕末土佐の芝居絵師金蔵の屏風絵は、すさまじいユーモアと毒と生命のエネルギーに満ちている。まちづくり、つまりまちの商店街を歩く中に美術館があるという感じで一体化させている雰囲気がさりげなくていい。

岩手の山の中から私を引っ張り出して、今回のすべての旅の企画をしてくれた仁尾さんに感謝したい。

私の手もとには桂浜で拾った二個の黒い小さな石が今もある。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。