スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の画廊にて

 3月に東京の画廊で倉本聰さんの個展を見た。森風のサマースクールに講師で来ていただいているキャンドルアーティストの横島憲夫さんが協力しているからだ。地下が会場。狭い階段を降りると暗がりの中に薄明かりが漏れている。ゆらゆらと不安定な、でも暖かい明かりと影。小さな画廊には誰もいない。仄かに浮かび上がる作品はすべて樹木の点描画。見ているうちに妙にざわついていた私の気持ちも収まって、静かな沈黙に支配されたこの空間に居ることが心地よくなった。厳しい北国の自然によってしか育むことのできないものがここにはあった。
 夜、東京に着いて友人のパーティに出たのだがどうも落ち着かない。ひとと話していても、何かがこぼれていく感じがする。本音ではない、表層的な何かがベールのように覆っている。早々に退出して会場の外に出ても、都心の浮ついた風景がこの日は嫌だった。
 これはまるでドラマ「北の国から」(随分昔の話です)の中で、主人公の純くんが東京育ちなのに富良野の生活で全身で感じたものと同じじゃないか!。ここには私の居る場所がない。打ちのめされた気持ちで、そのまま宿舎に帰れず入った画廊は、ここは東京というのが嘘だというほどよけいなものがなにもなく、自然と向き合う冬の樹木の画とともに倉本さんの言葉が添えられてあった。そのごつごつとした言葉のひとつひとつには不思議と力があって胸に染みた。横島さんのキャンドルのあかりも絶妙で暖かった。森と風のがっこうの裏の森の中に毎夏子どもたちといっしょにともすあかりと同じだ。東京のど真ん中の地下の画廊で、私は静けさをやっと取り戻せた。北国の森を育む風土は、誰をも哲学者にする何かを持っているような気がしてならない。

※ちょっと内省的なつぶやきだけど、あの夜の感じはとても印象的だったので言葉にしてみました。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。