スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙

今日は、昨年4月から毎月1回開催してきた町内の子どもたちが集まる「子どもオープンデー」の本年度最終回だった。地区の子ども新年会とぶつかってしまい、どうしてもこれない子も。役場の方が彼女の書いた手紙を預かって来てくれた。

長い長いお手紙に、6年生最後の回に来れなかった残念さだけでなく、この一年の振り返りがしっかりと綴られていてびっくり。
そうか、もう春から中学生だからなあ。生徒としてではなく、今度はボランティアとして来たいのか。
私が何よりもうれしかったのは、森と風のがっこうが校歌の伝説の広場の歌にもあるように、理想の「森風」になっていく姿を見て来れたことがうれしかったと綴られていた。そうか、理想の森風ってイメージが彼女の中であったんだなあ。

理想って言葉をなかなかうまく伝えられない私には、そう感じてくれていた子どもの言葉に本気でありがとうと伝えたい。私も彼女宛に手紙を出そう。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。