スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬期の取材

雪に閉ざされるこの時期、一年で一番静かな時間が流れるはずなのだが、どうも今年は少し違うようだ。今月は、子どもたちのお泊り会、岩手大学や海外の大学生たちの合宿が予定されている。寒いですよーとお話したが、あえてこの厳冬期にいらっしゃる!という強い思いを感じてありがたい。

ターンズ(以前は、自給自足という名の雑誌)、ソトコトの取材が相次いだ。どちらもIターンや若者の起業、都会から地域への若者回帰を応援している雑誌。森と風のがっこうが春から、これまで以上に若者たちといっしょに農的な暮らし方へとシフトダウンして行こうとしているこの時期に取り上げていただけるのは、あまりにタイミングがよくて何だか不思議な気がする(たまたまなのだろうが)。
森風の若いスタッフや研修生たちも晴れ晴れとした感じでそれぞれに取材を受けていた。カメラの前で緊張のためか?ややお澄まし顔でひきつる某スタッフもいたり…。掲載が楽しみ。
ご飯を炊くにも暖を取るにも、すべて薪のかかせない北国の暮らしを垣間みてもらえたのではないだろうか。まだまだ先の春を待つ私たちの気持ちも。
募集を始めた来期の研修生、どんな方になるかも楽しみだなあ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

はい、厳冬に!一番寒い時期に子ども達と伺います。全ての体験を心待ちにしています。 ”おっちゃん”のお話も聴かせてほしいなあ・・・
お世話になります。
プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。