スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして2月は流れていく

2月はなんだか例年になく騒がしい。いつもは厳冬期なので、誰もここまでやってこない静寂の日々のはずなんだけど。
先日、大阪で毎日新聞社の地球未来賞クボタ賞の授賞式と受賞者記念講演をさせていただき、トロフィーを持って葛巻に帰って来たばかり。これまで陰に日に助けていただいたみなさんに感謝したい。本当にありがとう。

パンフレットとホームページの大リニューアルを敢行中だから、なのかもしれない。12年前の立ち上げの頃の初心に戻って、なぜ森風をつくろうと思ったのか。設立趣旨に込めたものは何だったのか。なんで賢治さんのポラーノの広場なのか。そして私たちはこれからどこへ向かおうとしているのか。
言うは簡単だが、言葉のひとつひとつを吟味して表したいと思う。
ずうーっと心の中に浮かんでは消え、もやもやの中で沈んでいた言葉が、やっと、パンフレットの言葉としてほぼ定着したところだ。デザインは、今回もさいとうゆきこさんにお願いしている。私がもっとも信頼する、盛岡在住の若きデザイナーさん。彼女の手にかかると、私の無理難題も魔法のように解けていく。
新しい海に航海に出るためには、新しい革袋が必要だ。私のような古い水夫もいるんだけど。年間研修生もひとりが決まった。あとひとりの枠がまだ空いたまま、だ。今年はどんなことが起こるんだろー、と想像してみるけれどやっぱり分からない。

今日は滝沢村からやって来られた上野りんご園さんご夫妻を初め、個性豊かな方々が手料理をそれぞれ一品持ち寄りでやって来てくれた。外は降りしきる雪。エコキャビンでぬくぬくしながら、手料理をいただきながら、私のお話を聞いていただいた。ゆったりといい雰囲気。
明日からは、久しぶりの福島市への旅だ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。