スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴風の中、青森へ

昨日は八戸、一昨日は十和田で講演。青森県内は凄まじい暴風に襲われ、歩くのもやっと。その中をよく研修会にみなさん集まってくれた。どちらも子どもの居場所がテーマ。現場で子どもたちに関わっている指導者、支援者のみなさん。私は今回は特にも、中学生がとても気になっているという最近の自分の心情をそのままお伝えした。自分が中学生の頃、何のあても光も見えないままに、漆黒の闇のなかを出口も見えないままに這いずり回っていた時の、あの途方もない時間の長さを、今、中学の中で感じている子どもたちが居る気がしてならないからだ。6年間はとてつもなく長い。この途方もない胸に迫る感じは、その渦中に居るものにしかわからない。

講演終了後、こどもはっちボランティアの高校生(ぜんぶ、女子!)の最後の会に飛び入りで入れてもらう。平間さんから突然話を振られて、うーん、即興で、鞄の中にあった馬鹿図鑑(五味太郎著)を読み聞かせすることに…。
初の高校生との向かい合い。あれっ、なかなか楽しい。君たちの高校にこんな馬鹿いない?という私の無謀な問いかけに、くすくす笑いながらうなずく子も。
そう、そうだよね。
こんな突然のキャッチボールもまた楽しい。もうちょっと話したいと畳の部屋でバンドやっている高2の女の子ふたりとおしゃべりをした。森風にお泊りに来た高校生とも再会。なんだかうれしい。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。