スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百花繚乱

この数日でさくらが散って、校庭はタンポポがいっせいに咲き乱れている。
朝、犬の散歩を終えてカフェでお茶を飲む時間に、目の前のガラス壁面はさながらすずめの観察小屋のよう。ひっきりなしに雀が現れては消える。お目通り興業をしてるみたいに、だ。
カフェの前のブルーベリーを植えた校庭にも様々な鳥たちが低空飛行でやって来ている。
暖かくなった陽気に誘われてベンチで原稿を書いていると、今、私の目の前にあるものこそ、楽園なのではないか。そんな気もしてきた。のんびり、ゆっくり、ぽけーっとしようよとは、子どもの森のコンセプトとして私が掲げたものだったけど、これまでそんな気分は味わえなかった。でも今はそんな幸せな気分でいるのは脳天気に過ぎるだろうか。楽園は10月の紅葉までずっと続くのだ。

今日から一週間予定していた宮崎行きは口蹄疫のためにすべてキャンセル。国際森林シンポジュームを準備していた現地の方々は大変な後作業に追われていることだろう。不思議なもので、一週間空いたスケジュールはあっという間に埋まってしまった。流れが何か変わったのだろうか。
来週は、秋田で児童館職員の方々の研修会をやってから、翌日は東京。にっぽん子育て応援団の一周年記念フォーラムに参加する予定。山奥に籠もって居るうちに国の子育て関連政策が大きく動いているみたいだ。久しぶりの県外行き。24日掲載の岩手日報の連載には、リスクのことを書いた。リスクはチャンスを含んでいること。だからリスクを恐れるなと若者に言いたかったことをやっとまとまって書けた。来月1日の雫石高校の生徒にもリスクの話をするつもり。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。