スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同通信社「地域再生列島ネット」にて 6月25日

昨年から共同通信社「地域再生列島ネット」のメンバーになっている。全国各地のまちづくりに関わる方々47名と毎月メールで意見交換をして、その模様がまた全国の地方紙に配信されるというユニークな試みだ。
その顔見せ交流会が東京であって、私も森と風のがっこうの実践を発表させてもらった。地域と地域がダイレクトにつながり、新しい価値を東京に突きつける、そんなことがすぐにも始まりそうな集まりだった。そこに地方紙や共同通信社がいっしょに居る。メディアもいっしょに先を見つめようとしている皮膚感覚のようなものが新鮮だ。

原口総務大臣が講演で述べたのは、解決型の教育が地域主権とともに今後何より大切なモノとなるといった意味のことだったかと思う。
どれほど地域主権、地方分権を進めようと、主体となる次の世代を育むためにはこれまでの教育では限界があることを端的に突くキーワードだと感じた。その先にあるのは、北欧型の環境と福祉に重心を置いたものをイメージしているのではないかとも思った。有用な人材を育てなければと思うけれど、有用に込める意味が現状ではあまりにかけ離れている。地元で将来の志望のNO1が公務員、教師。理由は安定してるから、では淋しすぎる。
すぐに何かが変わる訳でもないだろうが、先のイメージを描く中に、子どもと環境と自然エネルギーを置かない訳にはもういかないことだけは確かな気がする。
来月は北欧を8年ぶりに旅してくる。私のからっぽになったからだに、きっと何かが満ちて溢れ出してくるような予感がある。
森と風のがっこうという原点に戻ってきたことで、また縁が起き始めるというか胎動している感じがするのだ(思い過ごしも恋のうち?)。


※インターネットのニュースサイト「47NEWS」の特設コーナー「地域再生」
(http://www.47news.jp/localnews/chiikisaisei/)
交流会の様子もアップされています。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。