スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てカフェ

さわやかな日差しの中でゆったりと来訪者の多かった一日。
午前中は、山根公民館の子どもたち、お母さんたち、地域の方々がバスで来訪。以前、東京・下北沢の映画館を借り切って、山根六郷の記録映画の連続上映と対談しに行ったことがあること。会場は満杯になったこと。その後、東京から若者たちが参加して山根ツアーをやったことを始めに話した。だから君たちのふるさとはすごいんだぜ。と子どもたちを前にしたら思わずしゃべってしまった。(それに山根は、海女ちゃんでいま有名な久慈市だもんね)

子どもたちを案内して子育ての森へ。明るい木漏れ日の中を、絵のないえほんを読みながら、どうぶつオブジェ(絵の部分の情景は森の中のオブジェになって隠れている)を探して遊んだ。素直で気持ちのよい子どもたちだったな。今度は案内でなくていっしょに遊びたい。
森と風のがっこうは、子どももおとなもここに来て、研修して帰ってもらえる魅力的なプログラムをたくさん持っている(私の自負だけど)。もっともっとここでの研修に来てもらえるようにがんばろうとあらためて思った。

団体のみなさんを見送った後の午後も、途切れることなくいろいろなご家族が来てくれた。カフェでゆっくり子育て真っ最中のご家族がくつろいでいて、やわらかい雰囲気。今赤ちゃんいくつですか。自然と子育てカフェみたいになっていたなあ。子どもたちは犬を見に行ったり、ニワトリに餌をあげたり。
急に新緑の鮮やかな緑が増した、明るく澄んだ空気の中で、エゾゼミの鳴き声が騒がしい。
森のカフェに、時が止まったみたいに、みなさんゆったりとベビーカーや愛犬連れのお客さんが集っていた。ここで初めて会った子ども同士がもういっしょに外で遊んでいる。ああ、この感じがいいなあ。
カフェの営業時間が過ぎてもまだ去りがたいような感じがあったと思う。私たちスタッフも何か名残惜しくて、車が出て行くたびに自然と手を振って見送った。カフェ森風がこれからますますくつろげる子育てカフェになっていくといいな。

今日は午前午後を通して、森風の大事にしたい雰囲気がここに流れていたことが私にはとてもうれしい手応えだった。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。