スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからのカタチ

こども未来財団の定期刊行雑誌「こども未来」(平成25年1号)が今日私の元に届いた。ページを開くと巻頭に森風のことを載せてくれていたので驚いた。
以前、子どもの森在職中に一度原稿を載せてもらったのだがそれは県立児童館が推進した、子どもの育ちを保証する多様でゆるやかなネットワークづくりの話だった。
今回は、森と風のがっこうがこれからどういう方向へと向かおうとしているかという現在から未来へとつなげる話を気合いを入れて書いたつもり(本人的には、だけど)。

森と風のがっこうを創設してからここで試してきたこと、食と農と自然エネルギーのある暮らし、子どもの居場所づくり、施設空間づくりをどういうジャンルで括れるのか。今もよくわからない。環境教育、持続可能な地域づくり、エコツーリズム、どれも包含する気がするけれど…。
子どもの森でやったことは、大きくは児童福祉、子育ち支援(健全育成)、子育て支援。社会教育分野とも重なるけれど。
環境と福祉の融合する世界と呼べばいいのだろうが、あまり適当な言葉が見つからない。

「こども未来」にもそう書いたのだが、私は、森風に誕生した滞在施設「エコキャビン」、レクチャールーム「森のえほんアトリエ」と、専用森林フィールド「子育ての森」を活用して、もちろん森と風のがっこうの自然エネルギー設備も含めて、ここ森風まるごとのデザインを「研修センター」として括るものにしたいと考えている。というか、そういう方向ですでに動いている。
子どもに関わる指導者・支援者(保育園、幼稚園、子育て支援センター、助産師、保険師、児童館・学童クラブ。そして自然学校、公共の児童施設など)のおとながここで学び合い、問いを深めることを、ここ森風の空気感の中で、もっと集中してできるようにしたいと思うのだ。そのためのフィールド整備やプログラムの試行やテキスト開発を今年は進めようと思っている。
平たく言えば、これまで私が県立児童館で、森風で、やってきたことをぎゅっと一回大きく絞ってまとめてみたいと思うのだ。
森と風のがっこうみたいに、辺境と呼ばれる場所でも、そこに根付いて、身体知や伝統的な知恵に触れながら、子どもたちとこれからの地域社会のあり方をともに考えて行くひとや組織を地味にこつこつ増やして行くことを私はやりたい。「根拠なき自信」を子どもたちが身体の内に深く抱きながら、自らの生き方を自分で選択しながら育っていくことができるように。

多くの子どもに関わる領域のみなさんとともに。創られながら創り出す、という場をひらきたい。森の中から全国へとひとをつなげて送り出したい、と思う。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。