スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代案提示

昨日は青森県から三本木高校の1年生たちと先生がやって来た。三年前から続いているエネルギー学習の一環だ。自分たちでレンガでロケットストーブを組み立て、薪に火をつけてご飯を炊くのだ。つまり、炊けないと昼食が食べられないことになっている。なかなか着火せず苦労するグループもあって楽しい。
午後は私の話を聴いてもらった。授業というよりももっと違う何かを高校生たちに刻んでほしくて講義は過熱。

自民党に嫌気がさして、民主党に乗り換えて、鳩山はだめだと捨て、管もダメじゃんとポイ捨て。ノダも捨てて、ついに自民党へ乗り換えしたオトナのひとびと。これってさあ、ずっと捨てることしかやっていないということだよね。この何年もの間、オトナ(私もそうだ)は捨てて来ただけだ。捨てた先には何にも代案がないってことだよね。
森と風のがっこうを作った時に考えたのは、代案提示なんだ。言うよりも先に代案を空間的にデザインして示してみようということだったんだ。と、いいながら森風のビジョンを描いたイラストを映像で見せて。ここからサスティナビリティってなんじゃいという話へ…。

宮澤賢治さんのことも。羅須地人協会の集会案内で「我々はどんな方法で我々に必要な科学を我々のものにできるのか」と書いていることも、だ。
ひとを幸せにするための科学をみなさんには志向してもらいたいと話した。

最後の感想で、これまで高校では科学の先端を行くことしか考えたことがなかった。ひとを幸せにするための科学という考え方に共感したと伝えてくれた女子がいた。どこまで理解してくれたかは分からない。でもかなり本気で話したつもりだ。ひとりでも何かを心に刻んでくれたらいいと願う。

片道3時間かえて来てくれた先生方、生徒さんたち、おつかれさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。