スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマースクール入門コースが終了

3泊4日はちょっと短いけれど、それでも泣き笑いはたくさんあった。
小学1年生から4年生までとまだあどけない子どもたちもいればもうおとなっぽい子もいる。東京もんもいれば、岩手っこもいる。なかなかに多様だ。
今回は講師役を私ひとりで担ったため、けっこうバテバテの毎日。生活は森風の新スタッフたちやボランティアが本当によくがんばって支えてくれた。
1日目は夜のウエルカムパーティが圧巻。スタッフ陣が自作自演のGMT(じもと)を結成して唄あり踊りありのバラエティショーを繰り広げた。

私が最も印象に深かったのは、やはり今回の目玉の「森の影絵げきじょう」だった。これは子どもたちにとってもまったく同じだったはずだ。
世界こびとサミットの開催を合言葉に、様々なこびとが登場してスクリーン狭しと駆け回った。それらはすべてアドリブ!だ。学校のお勉強モードでは到底到達できない、子どもたちの自由でのびやかな言葉の応酬に見とれた。
あの夜の闇の中に浮かんだスクリーンに映し出される影の揺れる濃淡の微妙な感じは、もう絶対誰も忘れられない。どんなに言葉を尽くしても再現できない。一回性としか言いようのないものだ。
そして最終日、ここで集中的に自然エネルギーと暮らし方について私が講義した。平易な言葉でどれだけこれからの子どもたちに必要なことを伝えられるか。これは私にとってもとても心震えるチャレンジだ。
子どもたちは本当によく聞いてくれたし、よく質問もしてくれたと思う。持続可能な開発のことまで話せたのには私自身もびっくり。大学生ではこんなに全身で聴いてくれる授業なんかない!と私は断言したい。ここ森と風のがっこうに流れている雰囲気や感じ方、そして空間デザインやオブジェ、犬やにわとり、畑、川の流れや風の音、森の深さ、それらを毎日シャワーのように浴びて遊び、生活して来たから、おそらく私の話していることを実感として受け取り、自分なりに符合しているのではないかとも思う。

予見も偏見もなく、ここで暮らして来た4日間の流れやドラマがあって初めて聴いてくれる言葉なんだと思った。終わりよければすべてよし、だ。

最後の別れの前に急遽、「伝説の広場の歌」を全員で歌った。これまでのどの場面よりも大きく力強くまっすぐに発せられた彼らの歌声がこのスクールのすべてを語っていたと思った。ありがとう、みんな。
そして今回残念ながら抽選にもれて参加できなかった子どもたち、ゴメンね。次もあきらめずにトライしてほしい。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。