スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某ちゃんたちのドラマ。必見です!

山形に出張している間、ずっと考えていたのはNHKのドラマのことでした。ぼくは3月に偶然見たのですが、強烈に揺さぶられたドラマが10月に放送されます。必見です。
番組の中で流れていたイナズマ戦隊の「応援歌」も、私はこれでやみつきになってしまいました(今もまだ…続いてるのだけど)。

このドラマの主人公のモデルになった某ちゃん(ラジオネーム?)を数日前の女川さいがいFMのドキュメンタリー番組で初めて見ました。こちらもすごい。マスコミの残酷さも、薄情さも、みんな知った上で、でも女川を忘れてもらいたくないというためにメディアで訴え続けた某ちゃんの言葉はとても18歳とは思えない。壮絶な体験の重さがある。
某ちゃんをSFCに送り出す、カタリバの今村さんや周囲のおとなたちたちのサポートへの尽力にも感動する(ここは番組で描いていないけど)。某ちゃんだけではない。すでに7号目の高校生某ちゃんがその後現れ参加しているということにも驚嘆する。その後東京に上京した若者たちがまたラジオ番組を持つという現在進行形のものがたりにも、私は唸った。
ここには絶望の中からの希望があると思う。

若者と被災地とラジオのつながり方は、希望のツールだという気がする。ここから始まる、ここから始めなけりゃいけない。いま、そう思える、数少ないツールだ。

森風はBSが映らない。どなたか録画してくださーい。お願いです!

www.nhk.or.jp/program/onagawa-drama/
特集ドラマ「ラジオ」. 特集ドラマ ラジオ BSプレミアム 10月12日( 土)午後2時~3時29分 東日本大震災の被災地・宮城県女川町に実在する「女川さいがいFM」から生まれたドラマ
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。