スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるみラジオ始まる!

昨年から有志で話し合い、ラジオ番組の試作0番を森風で録音したみたり試行を重ねて来た「くるみラジオ」が、先日、ようやく産声をあげた。
こころ、こころよ、風となり、産声をあげろ。♪ 
と思わず口ずさんでいる自分がいる。
山形県天童市は言い出しっぺのひとり、武内賢二さんの住む街だ。ここの倉庫が今回のくるみラジオ初収録の舞台。なぜ、ここから1回目なのか。それには深い理由がある。その訳は、ラジオの中で彼と私が対談で語っているのでぜひ聴いてほしい(ゴメンナサイ。まだ編集中なのでまだ聴けないデス)。
くるみラジオを知らない方に、以下、説明をさせてほしい。
(くるみラジオのFBがあるのでアクセスできる方は、ぜひ)

東北各地に出かけてそこで生業を立てている魅力的なひとに会いに行くラジオ放送(自家発電で電気は賄う100%オフグリッドのラジオ)を、山形、青森、宮城、岩手の四県の有志たちと始めた。名付けて「くるみラジオ」。その第一回目は山形県天童市の倉庫を用いた公開収録が終わったばかりだ。山形県内のパン屋さんや麹屋さん、手づくり楽器屋さんや雑貨屋さんなど、20代30代の自営で地域の中に生業を創り出している方々のマルシェ(市)を同時に開催したので、当日は親子連れで大きく賑わった。
東北という広域を、地元で生業を起こしているワカモノたちに焦点を当てながら、東北に住むひと同士でつなぎあって行く「もうひとつの東北地図」を自ら描き出す新たな市民ラジオ運動が東北で始まったのである。毎回収録された番組は、開催地のコミュニティFMで放送されるほか、インターネットラジオ放送としても聴けるようにする。目下の目標は、毎回放送するごとに太陽光パネルを集めて行くこと。それを貯めて10kWの手づくりの太陽光発電所をいずれ設置したいと考えている。

僕がやりたいのは、もうひとつの東北地図を描くことだ。ラジオはそのためのツールであり、ツール以上の何かでもある。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。