スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森と子どもとファンタジーと

今年春に、森で子どもを育むためのノート1と2、それからDVD映像集(ファンタジーは森からやってくる)を完成させた。それから、ほとんど満足にPRしていないにもかかわらず遠方からご注文をいただいている。ありがたいことだと思っている。
公立の森林公園の活用策を提案してほしいと頼まれたり、今秋に開かれる森のようちえん全国交流大会(仙台)で分科会を担当することになったりと余波は静かに広がっている。
そして今日からは北欧旅行。トーベヤンソン生誕百周年の今、ムーミンランドや展覧会を見るなら今だという気がしているから。考えてみればムーミンも森と深く関係している。だからという訳でもないがフィンランドの森を歩いて来たい。ムーミンを読んでいて思うのはほんと情景描写の美しさというかその深さに息をのむから。あかるいだけではない闇の深さも。

旅から戻ると、これまた不思議なことに、大槌(26日)、大船渡(27日)、宮古(28日)と沿岸で三日間連続でえほんを読んだり、お話をしたりする会が決まってしまった。大槌と宮古では北欧旅行のことやムーミンのこともお話しする予定(まだ行ってもいないのだけどね)。そして7月6日は森のようちえんカフェ(盛岡)だ。
森と子どもとファンタジーのことを、この際もう少し考え続けてみようかと思う。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。