スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧から戻りました!

昨夜、フィンランド、スウェーデンを巡る旅から戻りました。
少々時差ぼけもありますが、ムーミンを追いかけて実に楽しい旅をして来ました。
ヘルシンキで見たトーベヤンソン展はこれまでにない大規模なもので、ムーミンを生んだトーベの生き様や背景を丁寧に描いていて、ずっしりと重さのあるものでした。それに、タンペレにあるムーミン谷美術館もまた、静かな、いいミュージアムでした。何より、トーベと相棒が製作した立体場面(箱庭のような手づくりのジオラマ)は、心のこもったものでいつまでも見飽きない迫力がありました。トーベのお墓にもごあいさつしたし。折々の街のカフェやおもちゃ屋さんや、公園や農場や、いろんなところに立ち寄るぶらり旅でした。
これはまた何か文章にまとめてみたいと思います。ほんと、以前とは異なり、日本の社会と比べながら意識してしまう旅になったのは、たぶん3.11のことがあるのかもしれません。

特にストックホルムでは生活を楽しむ時間の流れの大きな渦のようなものを今回はとても強く感じました。児童館でスタッフの方にお話を伺ったり、シュタイナーのまちに行ってみたり。子どもへのまなざしが、何も言わなくてもそこにたしかにあった感じが忘れられません。

ここ上外川は、日本の北欧です。
これまでもそう言ってきましたが、この寒暖の差の激しさ、冬の厳しさ、自然の近さ、はほんとうに似ています。

今朝からはたまった仕事にすでに没頭しつつあります。来週は沿岸を巡業しながら、北欧の旅の話をします。
でも、からだの中に流れる感じは北欧でのものと変わりません。何かが変わったような気がします。よく自分ではわかりませんが。
明日は、サバイバルアカデミーの子どもたちと遊び、生活をします。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。