スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森のようちえん全国交流大会。僕なりの速報その2。

森のようちえん全国交流大会。僕なりの速報その2。
☆ ☆ ☆
前回の続きですが、僕がいま思うのは、ああ〜鳥取にさらにまた行きたい〜という思いがぐんぐん強くなっています。全国大会の前の週に鳥取に行ったからだけではありません。今回智頭町の森のようちえん、まるたんぼうの園長さんと出会えたこと、そして智頭町長の寺谷さんのお話を聞けたからです。
森のようちえんが地域やまちを変えて行く具体的な道筋が見えた気がしました。それは、ひと、ひとがひとと出会い、縁を深めて行く道です。出会わなけりゃ始まらない。地域は、そこから変えて行ける。
これは、「森で子どもを育むためのノート」を製作した時に、事例編で紹介させてもらった井上園長さん(山形県金山町認定こども園)の実践とも重なります。
子どもの地域支援、つまり、これを包括的にやるにはまちづくりの視点が必要です。森のようちえんもその枠組みを描くことが必要です(ノートのまとめにもそう書いたけど)。
鳥取は面白いなあ。町長さんや西村園長さんに会いたいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。