スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆笑、森の人生ゲーム!

本邦初の森の人生すごろくを子どもたちといっしょに作って、すぐに実演してみた。
その昔、子どもの森時代に、人生すごろくはやったことがあるのだが、その比ではなく、今回のはメガトン級の面白さ。天才・秀才・馬鹿の3グループが、講堂一面に作られたどでかいすごろくの上をコマが動いて行く。
お馬鹿ちゃんグループの男子たちが秀逸。100歳でヒマラヤに登頂成功とか、あほノーベル賞(イグノーベル賞?)を受賞とか、楽しくもうれしいマス目を自作。それに何度も自分たちが入るので、人生の旅終了時には大満足。馬鹿グループにいるとほんとそんな気持ちになるよなあと呟く男子も。そう、そう、それでいいのだ!

実は、恋愛、就職、結婚の三大関門は誰もさけて通れないように作っておいた。そこで必ずおんちゃんカードを引かなければならない。これが意味深いんだよなあ…。サイトウユキコデザインがここでも大活躍。
この「森の人生すごろく」はなかなか面白いので定番にしようっと。

しかし、ここで人生の愉しさと苦しさを小学生にして垣間みてしまった小学生は、その後の人生をどう過ごすのか、楽しみだなあ(笑)。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。