スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲店主の意地


釜石帰りに日頃お世話になっているネルドリップ珈琲の名店、機屋さん(盛岡市)に久しぶりに立ち寄る。
いつもと変わらぬ品揃え、いつもの珈琲にほっとひと息。変わらぬ味がそこにあった。
震災の話を店主の関さんに伺ったら、激しい揺れの中でみんなでカウンター後ろの壁いっぱいに置かれたデミカップやグラスを手で押さえ、陳列されたコレクションはすべて割れなかったそうだ。店主の気合いだね、と感心して言ったら、もちろんという感じだった。
機屋さんは老舗地元百貨店の川徳別館にも出店しているのだが、翌日は停電のため百貨店は全館休業。その時も気合いで百貨店前に出店を出して珈琲を入れ続けたそうだ。
こういう非日常の世の中で、今日必死に明日を読んでいまできることをすべてやろうと試みている珈琲屋さんの意地はすごいと思った。
面白かったのは、ガソリン不足の盛岡で、食材の供給にこれまでの車での搬送をすっぱりあきらめて、自転車に何十キログラムの生クリームを積んで店主自らえっちら運ぶ日々にももうすっかり慣れたというお話。これはなかなかいいから今後も続けるつもりらしい。
既成概念をはずして未来を考え、今日できることをやる。この繰り返しあるのみ。後から路は出来る。そう言っているようで、何だか励まされたなあ。かっこいいぜ、関さん。(そうだろって言いそうだな)

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。