スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えほんを届けた(野田村)

昨日、野田村を再訪。以前、森風のワークショップで何度か参加され、今は北海道釧路市にお住まいの内田雅子さんからえほんが届いたからである。えほんのお店プー横丁のちえ店長さんのえほんを送ってくれたのだ(ご自身の本も入れて)。
段ボール箱を開けると、そこには綺麗な包装紙でひとつひとつ丁寧に包まれたえほんは並んでいた。折り紙で作ったコマや、指導員の方に宛てたお手紙、そしてこれは職員の方で食べてねと添え書きされたクッキーまで。まるでクリスマスプレゼントのような心遣いである。私もサンタさんにはなれないけれど代役運びやとしてこの思いを届けたいと思った。
IMG_0011_1.jpg
どきどきしながら紙をひらくと

IMG_0012_1.jpg
もうさっそくよみはじめちゃうよね

六日ぶりに訪ねた野田村の城内・新山児童クラブはちょうど始業式の日。子どもたちの数はまだ5人と少ないが、子どもたちに包装紙をほどいてもらって、さっそくえほんタイムとなった。バムケロシリーズには先生も大喜び。これ、前から入れたかったんだけど予算がなくて、と思わず私に話してくれた。

先生のおひとりは家を流された中でクラブに出勤されているというし、子どもたちもみんな不安を抱えたままなのだと思う。場所も変わったし、トイレも離れた仮設に行かなければならない。水も出ない。だからまだ、以前の日常では本当はない。
IMG_0017_1.jpg
オヤツの前はペットボトル手洗い

でもそういう中だからこそ、これまでと変わらない日常のままの児童クラブがここに毎日存在していることがどれほど被災した子どもたちにとって大切なことかと思う。お二人の先生が強い気持ちで明るくこの場所を支えている。

今度来るときは本棚が必要だなあと思った(そろそろ子どもたちと遊ぼうかな)。
えほんは第二弾、第三弾と続々森風に届き始めているので被災した保育園や幼稚園にも回っていこう。森風子ども基金にさっそくカンパしてくれた方々にお礼を言いたい。これですでに緊急支援で動いている酒匂さんに活動資金を提供できる。本当にみなさんありがとう。

IMG_0020_1.jpg
左奥に広がる野田村、住宅はほとんど壊滅

昨夜の地震でまた電気がストップしてしまった。全県だそうだ。もうそろそろ復興が始まると思った矢先のこと。お前はどういう生活を望んでいるのか。その問いを今もなお鋭く突きつけられているのだと思う

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

有難うございます。遠くでもどかしい思いをしていましたが、内田さんや皆さんのお陰で気持ちを形にすることが出来ました。
朝一番に来て呉れたお馴染みさんに頼まれた本(新しい本です)を送りました。小さい子の本と少し大きい子の本と二つに分けていれましたので どうぞ宜しくお願い致します。
体調にお気をつけて!!
プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。