スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えほん集めの日

P1130183_1.jpg

昨日、釜石在住の畠山さんが仲介してくれて、えほんの受け取りに北上まで行ってきた。和賀川河畔のラグビー場に、北上ラグビースクールの齋籐会長、レッドファイアーズ監督の千葉さん、コーチの遠藤さん、三田さんが、明るい笑顔で待っていてくれた。えほん集めに協力してくれたNOSAI胆江(農業共済組合)職員の方々にもこの場で感謝申し上げたい。
P1130253_1.jpg
北上市は地理上でも釜石、陸前田、大船渡などの沿岸への中継地に当たるので、スポーツやゲームなどで自分たちなりの支援をしていきたいと指導者の方々が言ってくれたことがうれしい。
段ボール箱10個分なので300冊はあるだろうか。どれもきちんと本の表紙を拭いて汚れも取ってくれている。北上のみなさんの心のこもったえほんだ。
まだ現地は、とても震災前の日常を取り戻せている訳ではない。かたちはそう見えても、子どももおとなも心に負った不安や傷はそう簡単に癒せるものではないだろう。だから、ひとつひとつ関係を作りながらになるので、いただいたえほんすべてをすぐにはお届けできないことも快く了解いただいた。私に何が出来る訳でもないかもしれないが、この気持ちを少しづつ、復興の過程で被災した現地の子ども関連施設に届けたい。いつまでかかるかわからないけれど。モノではなく、モノにくるまれた気持ちをつなぎたい。

車に満載したえほんとともに午後、盛岡へ。「岩手の振興を考える会」(根菜屋の田中さんが呼びかけた)に顔を出す。学生さんや、IT起業した若者、NPOの方とゆっくり対話できた。何かをしたいけれどどこから関わっていいのか、と思っている若者は想像以上に多いのかも。
デザインや、ラジオというゲリラ的メデイアを用いて、若者たちが前に出てきてくれることを期待したい。それには産官学ではできないユニークな見たて方と切れ味のある道具が必須だ。知恵を絞ってほしい。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。