スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年明けの決意

 森風のこと、学校ではないがっこうのこと、私がどうしても言葉にしたいことを伝えるために、今年は言葉として寄稿してきた文章の整理をし始めた。

 その原稿の山の中から出てきたのがこの文章です。ユニバーサルデザインの実践家として、大活躍されている関根千佳さんの近未来小説「スローなユビキタスライフ」(地湧社)の装丁帯のコピー文に一部を採用していただいたので、私としては少し恥ずかしい気もするのだけれど。
  地域、田舎のこれからの問題を取り上げて、実によくこれからの社会の可能性を描いた小説です。
 どなたにも一読をお薦めします。


 宮沢賢治は、森からの贈与をたしかに受け取っていたひとだ。北岩手の山里に移住してから、自然と深くふれる中で、突然、なにかを贈与されたとしか思えない瞬間がこれまでに幾度もあった。言葉にできない大事ななにか。そのひとつが、私の場合、虹だった。登場する人物の孝志のように、もうどうしようもなくまちから逃れようと車を走らせたことがある。突然、見たこともない巨大な虹が雨上がりの田んぼの真ん中ににょっきり現れた。あんなに太い虹の付け根を見たのも初めてだった。なぜか、私を祝福してくれているのだと心底思えた。こんなに苦しい時にこの虹は私のために出てくれたのだ、と。誰も私を理解してくれなくても、そうやって岩手の自然はシグナルをおくってくれているのだと、初めて本当に思えた。
 この作品を読んで、何度も心が震えた。ひとは独りでは生きられないこと。自然は厳しいからやさしいのだということ。言葉にならない声、呻き、哄笑、怒り、失望、だれの胸の内にもある、からだを深く衝き動かすもの。土に根ざすことの安心感。
ひとがあってこそのIT技術とはよく言われる話だ。でも作者は、見えないものを探り、まちの重層的な時間の記憶を可視化し、ひとをつなぐ道具としてのルイカを紡ぎ出した。都市を脳にたとえるならば、地域は無意識の集合する身体、ともいえるだろう。無意識の記憶の海の底から、豊かな地下水に似たなにかを汲み出すのだ。未来は、あたたかく、どこかなつかしいものであってほしい。そう語りかけてくる。映画ブレードランナーが描き出した硫酸の雨降る近未来都市では、断じてないはずだ。
 土に根ざすこと、過去の先人の生の営みも含めたひととともに生きること、つまり根っこをもつことの安心感を私たちは求めている。しかしそれだけでは足りない。ただ、縄文の昔に回帰することなどできないからである。根をもちながら、翼を持つことが同時に成り立つようなよいバランスを創りださなければならないのだ。翼とは、ルイカのような、境目を軽々と越境できる道具と言い換えることも可能なのかもしれない。

贈与を受けた喜びを知るものは、また新たな贈与を繰り返す。

吉成 信夫



関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。