スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び、野田村へ

5月以来、久しぶりに野田村へ。
このひと月あまり、原発事故のことが気になって沿岸に行けずにいた。
行ってみると、がれきの山だった野田村の市街地もずいぶん片付いている。炊き出しやボランティア団体の人たちで混雑していた役場前の人の往来も少なくなったようだ。使用できなくなった社協の建物の代わりにプレハブが建ち移動していた。ここでアニメーション上映会でお世話になったKさんにお話を聞く。
少しは落ちついてきましたね、と私が言うと、かえって復旧、復興に向けて仕事は増えているという答えが返ってきた。そうだ。スタッフが増えたわけではないし、ボランティアのニーズも多様化してきている。がれきの撤去も外での力仕事というよりも、被災した家の中の細かい泥を掻き出したりといったものに変わってきているそうだ。被災された方々の心に寄り添いながら、腰を落ち着けて関わり続けていく人材が今必要なのだという。

今回訪問したのは、私の中で暖めてきた提案があったからだ。野田村の子どもたちを森と風のがっこうに夏休みに招待したかったのだ。バス旅行で、のんびり、遊びまくるスクールをやれたらいいなあと思っていた。教育委員会のご担当の方も交えてお話をしたら、ちょうど今朝、吉成さんのところにキャンプ滞在をしたいと来週話に行こうと思っていた矢先だったので、びっくり!した、と喜んでくれた。実現できたら私もうれしい。

児童クラブの先生方の顔を見たくて、ちょっとだけとセンターにお邪魔したら、やっぱりそこにいた子どもたちと遊んでしまった。来週から、おんちゃんと遊ぼう!シリーズをやらせて、と指導員の方にお願いしたら快諾してくれた。
さあ、始めるぞ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。