スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆいっこ盛岡ボランティアツアー

東京からの災害ボランティアの初めてのバスツアー企画に、自然エネルギー@森風も加えていただいた欲張りなプログラム。満員御礼となり、たくさんの方々に泊まっていただいた。学生からOL、教員、企業経営者まで多種多様な顔ぶれ。眠れたのかどうか朝早くから起き出して校庭やカフェをお散歩する若者たちが溢れていて、往来は賑やかそのもの。
犬のお散歩、薪割り、畑仕事、朝食作りでひと汗かいたらみんなで講堂に並んでごはん。朝カフェでまったりした後、私の話を少し聴いてもらった。タイトルは「なぜ、森と風のがっこうを作ったのか」
後の質疑でも出たが一番強調したのは、エネルギーにもパーマカルチャーにもまったくの素人集団でも思いがあれば始められるということ。何か専門家でなければやっちゃいけないのではと思っていたと以前別の講演で、若者に真顔で尋ねられたことがある。だって、英国ウェールズのCATだって70年代のヒッピーカルチャーから生まれて来たのだから、大切なのは、何をやりたいかなのだと思うと今回もまたお話しした。素人だからできることだってある。

今回の震災を通じて自然エネルギーに興味を持って来ている方々、生き方を模索している方に少しでも森と風のがっこうの実践が役立つことを祈っている。
首都圏の若者たちと出会う機会を作ってくれた「ゆいっこ盛岡」の細田さん、スタッフのみなさん、ありがとう。そして、おつかれさま。

☆もひとつご案内!☆
季刊誌「地域から」(農文協)の最新号に、「日本版グリーン革命で経済・雇用を立て直す」(洋泉社)の書評を書いたので興味のある方は見てほしい。著者は、飯田哲也さん、田中優さんほか。東京にいた頃からの仲間だが、お二人とも今や大活躍中、というかこれからの日本社会の行方を考えている大切な方々だ。
2年前に出た本だが、今もう一度この本を読み直してほしいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。