スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトミックカフェ2雑感

講師に武藤類子さんをお迎えして、第2回のカフェを開催した。タイトルは、「今、福島で起きていること」。どうしても福島で起きていることをそこで生活をしている方に伺いたかった私の思いを武藤さんに受けていただいた。
25年にわたって脱原発運動に関わり続けて来た武藤さんは、内には火のように燃える情熱を抱えているのだろうが、実際にお目にかかってみると実に柔和な静けさに満ちた方だった(六ヶ所村の菊川さんもそうだけど)。
彼女の多面的な魅力を参加者のみなさんも感じたみたいで、夜が更けるまでおしゃべりは続いた。原発事故への不安をなかなか言えない、話し合えない状況がそれぞれに生活の中である。そこを解き放つ場としてアトミックカフェがなっているのだなあとあらためて実感した。

今回もまた夜のカフェに、県内外から20数人が参加。小さなお子さん連れのご夫婦や、岩手に放射能汚染から逃れて疎開して来られた方もいて、質問やそれぞれの思いを伝えるお話が途切れることなく続いた。
お話の中で私が一番心に留めたのは、原発事故後、国と県による安全キャンペーンが早期に組まれ、原発ムラの御用学者が手分けをしてそれぞれに福島に入り県内各地で大丈夫とお墨付きを与えたため、不安の渦中にいた多くの地元の方々がそうなのかと思い直してしまったことが残念でならなかったという彼女の指摘だ。専門家としてのこれらの行為の社会的責任は重すぎるほど重い。歴史家は誰がどう動いたのかをしっかりと見届けていてほしい。そしてもうひとつのお話は、福島県内のスーパーががんばっぺ福島と銘打ち、地元野菜をみんなで買って食べようと店頭にべているものは福島産ばかりだということ。どういう基準でどれだけ汚染されているかの情報開示も判断材料もないままに、だ。これは福島に住んでいる方でなければその無念さは分からない。

情報を国や県が上意下達する中で、なぜ途中段階で誰も異を唱えることなく整然と事は進んでいくのだろうか。これは今回の事故を通してずっと私の中にある疑問だ。お役所が持つ体質というか、組織カルチャーを自己革新できないことのあまりに日本的課題は根深い。

さて、第3回アトミックカフェは、森風を飛び出して、六ヶ所見学バスツアーを秋にやることにしようかという気もしているが、しばしお待ちを。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。