スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めがね屋さん、わたあめやさん、ワインバー

今年のESDサマースクール(入門編)で圧巻だったのは、3日目の夜のおまつりの準備だった。朝、子どもたちとひと遊びした後、校庭の草原にみんなで丸くなって座った。みんな、のびやかないい顔してる。
黒板を中から持ってきてもらって、野外をそのまま話し合いの場にしてみた。今日は夜に森風自然エネルギーまつりをやるんだけど、みんなには自分でお店を出店してほしいんだよねーと振ってみたら、アイデアが出てくるわ、出てくるわ。

それまで川で魚取りがしたくて罠をかけていた子は、魚釣り屋さん。めがね屋さんにはサングラスも置こう。もちろんみんなセルフメイドだ。じゃあ、校庭の果樹から実を集めて木の実屋さんやりたーい。と、これまで生活の中で体感してきたことから「やりたいこと」が湧いてくる。
じゃあ、手回し発電わたあめ屋さんや、車掌車で子どもワインバーもやろうよ、とここで初めておとなが考えていたお店も入れることに。

それから半日、段ボールや針金、紐などあるものを学校から引っ張り出してきて、お店作りに没頭。夕方までにはあっと言う間に出来上がった。


※ わたあめは美味い!手回し発電も実感
わたあめやさん

※ ド派手なめがねがいっぱいのめがねやさん
めがねやさん

※ じゃんけんに勝つとたくさんもらえるきのみやさん
きのみや



※ 大興奮のスイカ割り
スイカ割り



※ ワインバーは子ども天国!
ワインバー



私が子どもたちと取り組んだのはワインバー。太陽光発電で貯めた電気だけで店内の照明は確保する。女の子がランプに色とりどりのセロファンを貼り付けて装飾しているのを見ていたら、サイケ調でなにやらかっこいい。ワインのグラスを置く紙の敷台を作る男の子も。メニューにはおつまみが2種。ワインは、森風ワインと木の実ワインがかわいくデザインされている。本物のワインボトルに偽のシールを貼って、ぶどうジュースを入れれば完成(まだ本当のワインが残っていたかもよ、とお客にささやくように私が店員に指導するのだ)。
夕方、飾り付けも終わり、いよいよ開店間近。点灯とともにCDプレイヤーから流れ出すモダーンなミュージック!。流れ出したとたん、子どもたちはハイテンションの極みに達したかのように、からだを揺すって踊り出した。ここはクラブなのかっていうくらいに。

※ ワインバーの後は映画上映会
車掌車えいが


溢れるばかりの自由さ、遊びの精神、これこそが森風なのだと思った。
4日間の全容は森風ブログでレポートするはずなのでお楽しみに。
集合
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。