スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えほんの静かな波紋

先月23日に開催した森風えほんフェスティバルは、私に何か深いところで変化と気づきを与えてくれたように思う。山と森の精気に溢れたここ森風の校庭に、子どもたちと親御さんとカフェ、そして高校生たちが雨の中がんばって手作りしてくれた本棚が並んでいる姿があまりに自然だったこと。本来えほんは家の中で読むものなはずだけれど、野外に展示してみると驚くほど新鮮な感じがしたのだ。私が独断と偏見で選んだお気に入りえほん100冊は、一堂に並べてみるとけっこうなインパクトがあった。それに参加してくれたおとなも子どもも、みんないい雰囲気でえほんを真ん中にひとの輪がそれぞれの場所で生まれている。あたたかくて、去りがたくて、気持ちの良い場所が私の眼前に広がっていて、本当に感動的な風景だった。麗らかな秋の陽ざしに背中がほんのりと温まる中で、風も感じる場所でえほんたちが居る。そして草むらの中やブランコの上には住吉さんが作った杉うさぎたちが佇む。カフェの草屋根から顔を出した煙突からはもくもく煙がたなびいいている。

昨年から始めた、「えほんの森で今日も遊ぼう!」シリーズは、机と椅子に縛られた図書室を脱出してえほんを持って自由に野外に出ることが意図だった。でも、えほんを読みきかせていたのは基本的に私だった。そうか、自分たちでえほんを選んで、気持ちの良い場所を見つけ、自分たちで思い思いに本棚に展示していいんだとえほんフェスをやってみて実感したことは私にとって大事な発見だ。これは面白いじゃないか。

思いついたらすぐ試してみようというのが私の性分なので、翌24日のえほんの森は、急きょ企画を変えて、親子で創る野外えほん図書館をテーマにやってみた。家族ごとに選ぶえほんも展示方法も異なっていて見応え十分だった。それに気をよくして、26日の盛岡市児童館職員研修にも応用してやってみた。さすが児童館の先生方はえほんに造詣の深い方が多くてこれもかなり盛り上がった。えほんにもう一度出会う契機になったとか、児童館の本棚を考え直したいなど、感想も多くいただいた。
グリコではないけれど、2度美味しいものは3度美味しいというのが私の主義だ。

というわけで、短期間のうちに3度野外えほん図書館を試すことができた。今月末は、森のようちえん全国フォーラムイン新潟(妙高高原)で分科会を私が持つことになってるので、そこでこの事例をしっかりお話ししてみたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。