スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森のようちえん全国交流フォーラム

講師を頼まれたため会場となる新潟県妙高高原へ。初めて参加して来た。三日間はとても刺激的な中身だった。冒頭から、養老孟司さんの基調講演は示唆に富むものだった。体験を通じて子どもたちの身体、無意識にまで深く訴えかけるまなびのあり方が大事だとあらためて思わされた。もうこれだけでも来た甲斐があるというものだ。
その後、私が担当した分科会でも繰り返し森と風のがっこうを事例に強調したのはこのこと。
懐かしい面々との出会いが3日間、多発したことも思わぬ収穫だった。昔の身体レッスンの仲間で18年ぶりにお目にかかれたKさん。森と風のがっこうのスタッフだったなっちゃん。ボランティアに来てくれたいくえちゃん。子どもの森の開館時以来ずっと「しりとり迷路ポスター」でお世話になっているなぞなぞ工房の杉山亮さんとはなんと同室!になり、お話しすることができた。パーマカルチャーに取り組む先達、シャロームの臼井ご夫妻ともやっとお目にかかることができた。
ムッレ教室やスウェーデンの様子や、小菅恵美さんのデンマークの森のようちえんのお話し、シュタイナーを巡る情報交換をしているうちに気が付いたら自然と同類の輪ができていて、お酒を飲まないひとのセッションの場になってしまった。おかげで私はたっぷりと生きた情報をもらうことができた。みなさん、ありがとう。
最終日の振り返りのグループで、TOECの伊勢さんと話していて、いつもあわただしく途中で帰ってしまうはずなのに何で最後までいたんだろう。きっとよほど居心地がよかったんだねと言ったら、彼も同感だったらしい。異端をも許容する多様性がそこここに溢れていたのだと思う。なんといっても、乳幼児を連れて参加しているお母さんたちがけっこういたことも大きい。野外自主保育グループや保育園、幼稚園の先生が参加しているため、
現場を持つ方々のリアリティが議論を支えていたのだと思う。
森のようちえんのネットワークが、この多様性を大事に育って行ってほしいと思う。私も、子どもの森でずっとやってきた子育て支援、児童健全育成の研修や、今森と風のがっこうで取り組んでいる、えほんの森、子育ての森づくりなどのことを、出会った方々に伝えてみたいと思った。

大会終了後、長野市へ。カフェまぜこぜで一服。その後、森のようちえん全国ネットワークの運営委員長の内田幸一さんの経営する、森のようちえん(子どもの森)のネイチャーセンターで1泊させていただく。超多忙な中、快く泊めていただき、ゆっくりお話しさせていただくことができて本当にうれしかった。翌日、参観日で子どもたちのオペレッタを見られたことも。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

吉成信夫

Author:吉成信夫
ときどき日記です。

リンク
森風 Web Site
    森風ブログ
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリー
      FC2カウンター
      RSSフィード
      ブログ内検索
      QRコード
      QRコード
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。